プロフィール

FC2USER176493SZN

Author:FC2USER176493SZN
ヨガインストラクター、パーソナルトレーナーのshokoです。
心と体って繋がってるから、
体がほぐれていくと心もほどけていく・・・
そんな心地よいヨガの時間を
楽しみましょう(・∀・)♪

・全米ヨガアライアンス200時間終了
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・ジュディ・クラップ氏ヨガセラピー18時間集中講座 修了
・ヨギーインスティテュート ヨガニードラトレーニングコース 修了
・ヨギーインスティテュート アサーサナインテンシヴコース 修了
・松居佳代子メソッド・パーソナルトレーナー養成講座 修了
・看護師

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

FC2USER176493SZN

Author:FC2USER176493SZN
ヨガインストラクター、パーソナルトレーナーのshokoです。
心と体って繋がってるから、
体がほぐれていくと心もほどけていく・・・
そんな心地よいヨガの時間を
楽しみましょう(・∀・)♪

・全米ヨガアライアンス200時間終了
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・ジュディ・クラップ氏ヨガセラピー18時間集中講座 修了
・ヨギーインスティテュート ヨガニードラトレーニングコース 修了
・ヨギーインスティテュート アサーサナインテンシヴコース 修了
・松居佳代子メソッド・パーソナルトレーナー養成講座 修了
・看護師

楽しいヨガ教室♪スタジオMumuksu(ムムクシュ)
4月9日開催「マントラ『オーム』を学び体験するメディテーションワークショップ」再告知
1489161215839472688039[1198]

宇宙の秩序、または宇宙の法則に調和することを「ダルマ」と呼びます。
また反対に、宇宙の秩序、ダルマに反することを「アダルマ」と呼びます。

(チェータナ著『初めてヴェーダーンタ(ウパニシャド)を勉強してみようという人のために
いーしゅわらーや なまは』より)

そして、
人や自然をいたわるといったダルマな行いでは「プンニャ」が起こり、
人や自然を傷つけるといったアダルマな行いでは「パーパ」が起こり、
「プンニャ」と「パーパ」はそれぞれ、この体をもって生きている間に蓄えられ、
体を手離すとき(=一生の終わり、死を迎えた時)に、
「プンニャ」が多ければ、次の体(一生)をもらうときに人間としての一生をもらい、
「パーパ」が多ければ、人間以外の一生(他の動物とか、お花とか、)をもらうのだと、
以前ヴェーダーンタの勉強会の中でチェータナ先生がお話されていて

それ以来私は、
ペットショップでかわいい子猫や子犬を見ていると
このこたちは、ちょっとだけ、善い行いが足りなかったのかなぁ・・・
なんて考えてしまうようになりました。

(勝手に余計なお世話って感じですよね;)

小さくて、かわいらしいその姿で、誰かの心を愛でいっぱいに満たして、
きっと来世には人間として生まれて、
もしかしたら
そんなこと考えている私のそばに、いるかもしれませんね(^^)/


ヨガの経典の中には
様々な教えについて書かれていますが、
カルマ(業)や輪廻に関するお話も出てきます。
ヨガや瞑想を行う中で、
自身の本質である「内なる神聖さ」に気付いていくそのプロセスにおいて、
「ジャパ瞑想(マントラ瞑想)」が有効であるとも書かれています。

「マントラ『オーム』について学び、体験するメディテーションワークショップ」では、
マントラを唱える「ジャパ」のもつ意味やその力について
ヨガの教えについて書かれている代表的な本の中身にも時折触れながら
クラスの初めに座学の時間をとり、
その後「オーム」を用いた瞑想の時間を実際に体験していただきます。

ご参加いただいた後も
皆さんがそれぞれに、自分で瞑想を実践したり
ヨガのクラスの中で「オーム」というマントラを取り入れていただけるように
お伝えしたいと思います。

・ヨガが好きな方
・瞑想に興味がある方
・マントラについて理解を深めたいという方
・ヨガの哲学に興味のある方
または、
・マントラや瞑想について
まだよくわからず、なんと説明してよいかわからない
・レッスンの中で「オーム」というマントラをどのように取り入れたらいいのかわからない
等、
ヨガインストラクターとして活動を始めたばかりという方にもお勧めしたい内容です(^^)/

※予定通り開催が決定いたしましたので、引き続きご予約受け付けております☆
※当日座学用の資料を準備いたします。
必要であればご参加の方は筆記用具を持参ください。

お申し込みは、facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/1866860290257543/
から、
「参加する」をクリックしていただくか、

私の公式ホームページ https://mumuksu-shoko.jimdo.com/から
「ワークショップ情報」ページ内「お申込み・お問い合わせ」より
ご予約お願いいたします☆


4月9日(日)マントラ『オーム』について学び、体験するメディテーションワークショップ 再告知
1489161779937-1058392093[1197]
「あなたは、誰かのようになることはできません。
人は、“より自分らしくなる”ことしかできないのです。
そして、瞑想というのは、より自分に近づくために行うものなのです。」

(J.カバットジン著/マインドフルネスストレス低減法 第1部2章より)

「マインドフルネスストレス低減法」という本の中で
著者のジョン・カバットジンは
「この本では、この“やっかいごとだらけの人生”を
まるごと抱きしめてしまうという方法をお話していきます。
まるごと抱きしめることができれば、次々に訪れる人生の嵐になぎ倒されることなく、
力強く生きていくことができるのです。」
と、プロローグでそう書いています。

この、“人生まるごと抱きしめる力”を養うために
「今この瞬間に注意を集中すること」や、
「内側に生じる感覚すべてをそのまま感じ取ること」
「痛みと共に生きる姿勢を養うこと」
心と体をつなぎ、「自分の存在を実感すること」などを
具体的なヨガや瞑想の実践方法とあわせて
本の中で提唱されています。

色々な方法論がありますが、
この「マインドフルネス」に関する本な中で述べられている
自身の内側に意識を向けるための方法も、
より自分に近づいていくためのプロセスであることも、
ヨガの古くからある経典に書かれていることとやはり通じていて、
改めて、
その神秘に
“すごいなぁ”と、改めて
心を揺さぶられるような思いで
ページを読み進めていました。

自身の内側にある本質につながるために
心がザワザワとするような時にも
このマントラが役立ってくれるようです。
「意味を持たない音」であると言われる「オーム」というマントラが
どのような意味を持ち
唱えることで何をもたらすのか。
ヨガについて書かれている代表的な本の中身にも触れながら
瞑想の時間体験してみませんか?
初めての方にもわかりやすく。
「今後自分で瞑想の時間を過ごせるようになりたい」という方にも
具体的にどのように実践すると良いか、わかりやすく。
お伝えできればと考えています☆
インストラクターとして活動を始めたばかりで「マントラについて理解を深めておきたい」という方にもお勧めです☆

4月9日(日)17:00~19:00
JR川崎駅最寄りヨガスタジオ「Yogakula」(ヨガクラ)にて開催予定です☆

facebookイベントページ詳細はこちらをクリック

担当インストラクター:shoko
(ヨガジェネレーション主催RYT200認定TTC 東京5期卒業)

御予約、お待ちしています(^^)/


4月9日(日)マントラ『オーム』について学び、体験するメディテーションワークショップ 再告知
17554271_1228439580607200_2282119846852597343_n.jpg
「宇宙の最高原理(=ブラフマン)がブラフマーとして世界を創造し、
ヴィシュヌとしてそれを維持し、シヴァとしてそれを破壊するというような
三伸一体(トリムールティ)の説が述べられるようになった。」
(インドの神話 マハーバーラタの神々/上村勝彦著 第2章 叙事詩の神話 より)

インドの神話の中には、たくさんの神様が出てきます。

「マハーバーラタの神々」という本の第2章、第3話に
シヴァ神と、その二人目の妻、パールバティ―の
二人のなれそめのお話が書かれていました。

山々の王ヒマーラヤには2人の子供がいて、その一人がパールバティという娘さん。
パールバティは、実は亡くなったシヴァ神の妻サティの生まれ変わりだったようです。
パールバティが年頃の娘に成長した頃、聖仙ナーラダという人がやってきて、
「彼女はシヴァ神と結婚することになるよ」と予言していったので、
お父さんのヒマーラヤはパールバティに
「山で苦行をしているシヴァの、彼の身の回りの世話をしてきなさい」
と彼女に命じました。
シヴァは、奥さんのサティが亡くなってから、ヒマーラヤの山で苦行と瞑想に専念していたので、パールバティはお父さんに言われたとおりに、山へ行って彼の身の回りの世話をしました。

その頃、神々たちはターラカという悪魔に悩まされていたそうです。
ターラカは、自身の苦行を創造の神ブラフマーに認めてもらえたことで、「シヴァの息子以外には殺されない体」をもらって、無敵になっていました。
神々は、シヴァに息子を作ってもらわなければならず、ブラフマーは「パールバティー
こそ、シヴァの妻にふさわしい」と告げたのだとか。
(当人たちからすると、「ちょっとほっといてよ」って言いたくなりそうですが。)
そこで神々たちの中心的存在であったインドラという神様が愛の神様と呼ばれるカーマを派遣して、
カーマは自身の妻であるラティ(快楽)と、友達のヴァサンタ(春)を共に連れて、シヴァが苦行している場所に出かけていきました。
カーマ達がそこに現れたことで、突然木々は芽吹き、森の生物は恋に目覚め、一気に春の季節に変わってしまいます。
カーマは、パールバティーがシヴァのそばにいるタイミングを見計らい、サンモーハナ(魅了するという意味)と呼ばれる花の矢を弓につがえました。
その瞬間、シヴァは一瞬平静さを失って、パールバティの顔と、その果実のような唇に見とれてしまうのです。
パールバティも一瞬心が動揺しましたが、シヴァは自制して、自分の心を乱す原因を探ろうと辺りを見回しました。すると、弓を自分に向けて引き絞っているカーマを見つけ、
怒って自身の額にある第三の眼から火を発して、カーマを灰にしてしまったのです。
(シヴァ神てほんとすごいですね;)
カーマの奥さんラティは気絶してその場に倒れ、
シヴァは「女性と共にいることは無益だ」とそこで考えて、従者とともに姿を隠してしまい、
残されたパールバティは、父親の願いも、自分の年頃の女性らしい体さえも、なんだか空しく思えて、恥ずかしさのあまり悄然として家に帰りました。

その後パールバティーは、シヴァの愛情を得るために、お父さんの許しをもらって
ヒマーラヤ山脈の山でありとあらゆる苦行に身を委ねます。
夏場火の中に座って太陽を凝視したり、冬には水中に立って夜を過ごしたりと
“華奢な自身の身体を日夜責めさいなんだ”と、書かれています。
そうやって山で過ごしていたある日、彼女の前に一人の苦行者がやってきました。
パールバティーはその客人をもてなしましたが、その男は、彼女がシヴァのために苦行をしているのだと話すのを聞くと、シヴァの悪口を並べたて、彼女の望みを捨てさせようとします。
(あんなやつ、やめとけよ、
みたいな感じだったのでしょうか?)
パールバティーは怒って彼の悪口に反論し、シヴァの偉大さについて話します。
そして、
「私の心は、シヴァに対する愛情でいっぱいなの」そんなふうに言って、
その場を去ろうとした時、
苦行者は、本来の姿であるシヴァに戻っていて、微笑みながら彼女を引き留めます。
「パールバティーよ、今日からはあなたの奴隷だ。あなたの苦行によって買われた。」
そうシヴァが言った瞬間、彼女は苦行から生じた疲れをすっかり忘れてしまいました。
それから二人は一緒に、パールバティーの家に行き、彼女のお父さんに許しをもらって、
結婚したのだそうです。

幾らか文章の語尾など変えて書きましたが、大体こんな感じに書かれています。

インドの神様たちは、とても情緒豊かで、おもしろいなぁなんて思いながら
夜勤に出る前だというのに数ページ夢中になって読み進めていました。
私個人の感想にはなりますが
“ダンシング・シヴァ”と呼ばれるシヴァ神の像も、
「破壊の神なんて呼ばれるけれども、
実はとっても一途で、キザなことも言える神様なんだなぁ」とか、
これからはもっと興味深く眺められそうな気がしています。

シヴァとパールバティーをくっつけよう、みたいな他の神々の企ても
「誰かと誰かをくっつけようか」と言ったひそひそ話が聞こえてきそうな、
現代を生きる私たち人間とさして変わらないなぁなんて思えて、ちょっと笑ってしまいます。


マントラ「オーム」の音はA、U、M、三つの文字から成り、
Aは宇宙の創り主であるブラフマー、
Uは宇宙を維持するヴィシュヌ、
Mは宇宙を破壊するシヴァ神をあらわし、
「3つ全体では宇宙が生じ、成長し、結実し、また戻る源であるブラフマンをあらわしている」と言われています。
(ハタヨガの真髄“Ⅰヨガとは何か”より)
この3神は、ヒンドゥー教の主神ですが、シヴァとビシュヌ、2神は絶大な信仰の対象となっていて、ブラフマー(梵天)は格付け的には2神よりも下がるようですね。
(何故なら、「ブラフマーはビシュヌの臍から生まれた」という話や、あくまでも2神の影響下において創造するから、と言った理由があるらしいです。)

「オーム」を唱えることについては、自身の本質と繋がる、または、宇宙の力とのチューニング(同調する)などのように説明されています。
物語の中のシヴァ神も、パールバティーも、苦行を実践していますが、
苦行を通して瞑想を深め、自身のガイドとなる内なる声に耳を傾けるようにしたことで、
二人がお互いを必要としていることに気付いたのかなぁ、と、
私なりに解釈してみましたが・・・

皆さんは神話の中のシヴァとパールバティのなれそめ、どう感じられましたか?ヽ(・∀・)ノ

「オーム」というマントラについて学び、体験するメディテーションワークショップ」
では、インド神話の上記のお話は恐らく割愛されるかと思いますが(座学は30分程度を予定しています)、
「オーム」を唱えることの目的や実践方法について、ヨガの教えについて書かれている代表的な本の内容も交えながらお伝えしてから、メディテーションのクラスを体験していただきます。
ワークショップ後「オーム」というマントラを参加された方がそれぞれに
実際のヨガのプラクティスに活かせること、
また、これまでよりも「オーム」の音が身近に感じられるようになること等を期待していただける内容にまとめたいと考え、準備しています☆
ヨガを日頃実践しているかた、
ヨガ哲学に興味がある方、
また、インストラクターとして活動を始めたばかりという方にも、マントラについて知識を深める入り口としてお勧めできるワークショッップかと思います。

4月9日(日)17:00~19:00
JR川崎駅より徒歩7分 ヨガスタジオ「Yoga kula(ヨガクラ)」にて、
予定通り開催決定いたしました!
御予約引き続き受け付けております。
ご興味のある方は御早目にお申し込み下さい(^^)/
御予約、お待ちしております☆

ワークショップ詳細と、お申し込みは➡こちら


「AUM」と「カルマの話」 と、3/12(日)湘南台ヨガ部☆ムムクシュレッスン開催のお知らせ
KIMG0447 (2)

※写真は、荻野運動公園体育館で水曜午後の骨盤体操のクラスにご参加いただいた皆さんのご様子☆
体の歪みや不調の改善に役立つよう、筋膜ストレッチとヨガの動きを取り入れたクラスにいつもご参加いただいています。
皆さん笑顔が素敵ですね(・∀・)
いつもありがとうございます。


「たましいは、何度も再生を繰り返しながら、向上していくことを目指しているのです。
私たちはみな、未熟だからこそ、この世に生まれてきました。
(中略)
あなたが生まれてきたのは、前世から持ってきたトラウマを解消するためだけではなく、
今生で様々な経験を積みながら、たましいを磨いていくため。
そこでどれだけ、精一杯たましいを輝かせることができるかによって、
来世での学びもまた変わってきます。」
―江原啓之著『トラウマ あなたが生まれてきた理由』より―

先日は、クラスの中で「オーム(AUM)」というマントラと、
「カルマ」のお話をしました。

オームの音は、アルファベットの「A」「U」「M」の文字から成り立ち
3つのアルファベットはそれぞれ「創造(開始)」「維持(持続)」「破壊(終止)」を現し、
またそれぞれが、宇宙を創造する神「ブラフマー」、宇宙を維する神「ヴィシュヌ」、宇宙を破壊する神「シヴァ」
三神を現しているとも言われます。


「アオムの3文字はまた、それぞれ長さ、広さ、深さをあらわしている。
そして、全体では形いという限界を超えた神を意味している。」
「アオムの3文字はそれぞれ3つの性、すなわち男性、女性、中性を示し、
全体では神と神によって創られたすべての被造物をあらわしている。」
「アオムの3文字のそれぞれは過去、現在、未来をあらわし、
全体では時という限界を超越した創造主をあらわしている。」(B・K・S・アイアンガー著『ハタヨガの真髄』より)

意味するものは諸説ありますが、いずれもAUMというマントラが
「宇宙」「宇宙の創造主」というところに関係すると書かれています。

『インテグラル・ヨーガ』という本の中で
このマントラAUMは、宇宙の創造の音であり、自己と宇宙を繋ぎ、チューニング(同調)する音、とも説明されていて、
肉体や感情、知性、アーナンダと呼ばれる喜びを超えた先に
個人の中の”それ”=人の真の本質(アートマン)が存在し、
AUMはこの本質に近づいていくための音、
なのだそうです。

なんだか、すこーし、
不思議な話のように感じられるかもしれませんが・・・f(^^;

ヨガの教えでは、
人の本質とは本来、愛そのもの、幸せそのものだと言います。

生きていると色々な出来事があって、
何か困難な出来事の渦中であったり、
深い苦しみや悲しみを感じて、それらに心がとらわれてしまう時には、
幸福も、自身の輝き、可能性といったものなども、
とても見つけることなどできないようにも感じてしまいますが

ただもし、起こることの全てに意味があるというのが真実なら、
どんな困難であっても
それを乗り越える力を、誰しも必ず既に内包しているということ。
カルマの教えにもあるように、
原因と結果、目に見えないカルマの影響も受けながら私たちは生かされていて、
受け取った結果がもし自身の期待していたものとは違ったとしても、
その中にある、受け取った恵みに気が付いていくことが大切です。

けして苦しみや悲しみのために生まれてきたわけではなく、
その苦しみや悲しみの中でしか学べないことを学び、
前世から今生、来世と続く、「真の本質」を磨いているのだと考えてみると

何かコンプレックスを抱えているとしたら、
それを乗り越えて心を磨くプロセスを学ぶために、
孤独を感じているとしたら、
愛を見つけて育む喜びを知るために、
生まれてきたのだと捉えてみることができれば
苦しみや悲しみだけで終わる人生ではない、
自分にしかない輝きや可能性に気付き
より幸せな未来に繋いでいくための、より良い選択をする力になるように思います。

全ての事を、思い通りにできる、ということとは違いますが。
必要なことを考えつくしたら
頭の中を静かにして、内なる声に耳を傾ける時間、
潜在意識や、その奥にある声
「本当のあなたの声」に、耳を傾けるような時間を持つことが
困難な時を乗り超えるきっかけになるかもしれません。
マントラには、この「内在している本質」を、覆い隠し見えなくしてしまうもやもやとしたものを
取り除いてくれる効果があると言います。
それは、音のバイブレーションを感じ静かになっていく頭の中に、
そして、音が鳴りやんだ静けさの中に
訪れるのだと。

この回のクラスでは
体や、呼吸に意識を向けながらいくつかポーズをとった後
アヌローマ・ビローマという、片鼻呼吸に止息を合わせた呼吸法と
クラスの最後で数分間でしたが、ヴィパッサナーから、思考を鎮める瞑想の時間をとりました。
AUMの音は、今回は、私が歌うガヤトリーヤマントラを、
シャヴァ・アーサナから目覚める前の直前の皆さんに聴いてもらいました。
歌の中のオームの音は、どのように感じられたでしょうか(^^♪?

ヨガの時間、マットの上で気づいたことは、日常の心の在り方に活かされ、
日常の中で気づいたことは、
心の奥に閉じ込めていた過去や心の癖に変容をもたらし、
より良い未来へ、
幸せである未来へ進むための力を養ってくれることと思います。

3月に入り、まだ肌寒い日が続いていますが、
春ももうすぐそこですね。
皆さんがそれぞれに、
より自分らしい現実へと進めますように。


KIMG0446.jpg


3月12日(日)17:15~18:30 
湘南台市民センターで「湘南台ヨガ部☆ムムクシュ」のレッスンを開催します!
(ヨガが好きな方、初めてだけど興味あるという片も大歓迎です☆)
詳細はFBイベントページをご参照ください☆

https://www.facebook.com/events/580022945529866/

ヨガニードラワークショップ (12月29日開催)のご報告 
IMG_20151214_115431kawasakitaisi (2)

~「ヨガ・ニードラワークショップ」開催のご報告~

昨日は、
『新年に向けて、願い、決意を唱えよう
ヨガニードラワークショップ
~自身の内側の可能性に気付く~』へのご参加、ありがとうございました。

ニードラのクラスだけに、私自身もぼーっとしていたのか
ご参加いただいた皆さんとお写真を撮り忘れているのに気付いたのが、
皆さん帰られてすぐでした;(言い訳です、ごめんなさい;)

クラスを受けての感想を、皆さんに書いていただきました。
すてきなご意見を頂きましたので
匿名でご紹介させてください(^^)/


『肝心のニードラの時間に初めから寝てしまいました;
これで良いのでしょうか
でもなんだか、頭が一度からっぽになったような気がします。
これが無意識にアプローチされたということになるのでしょうか?
私はずーっと、つまらないことで頭で考えていることでゴチャゴチャしています。
頭を空っぽにできて良かったです。』(Nさん)

Nさん 頭が空っぽになる感覚、体験して頂けて何よりでした(・∀・)
眠ってしまって後で覚えていなくても、ヨガニードラのインストラクションは
潜在意識へアプローチされていると思います(^^)
Nさんの感じたことや祈りが、2017年からの良い流れへと繋がりますように☆


『とっても気持ちよかったです。
先生の大らかなお人柄とプログラムでリラックスできました。
動いた方がリラックスできると思っていたのですが、そうとも限らないのですね。
はじめのマインドフルネスのお話や、色々なヨガのお言葉、勉強になりました。』

ヨガニードラでは、意識的にリラックスさせることが大事になるので、
充分リラックスされたようで何よりでした(・∀・)
マインドフルネス、私の泣いて笑える体験談、共感してもらえて私もうれしい!
ありがとうございました☆


『最近は仕事に忙しくてヨガに来れず、体調不良に・・・
ヨガで体調管理していたことを痛感しています。
ニードラの時は何も考えていなくて、気が付くと落ちてる(寝てる)
ハッと気づく自分が良かったです(笑)
寝つきが悪くて困っているのに、ヨガに来るとスッと眠ってしまいました。
リストラティブヨガに似てるかな?と思ったけど、ちょっと違うようでした。
今年色々なヨガを体験しました。色々あるんですね。
今日はありがとうございました。
2017年もよろしくお願いします。』

普段の生活の中で緊張状態にある時間が長いと、バランス崩しがちになるかと思います。
ヨガを通して、自分自身の緊張を解いているのでしょうね(^^)
自分を癒す力は、その人の生命力であり、強さでもあるかと思います。
今年一年頑張った自分の心と体を労わって、褒めてあげてください☆
来年もよろしくお願いいたします。


『子育ての理論をいろいろ学んだ上で、思考ではどうしようもない部分を府に落としたくて、レイキやらマインドフルネスやらに興味をもってます。ここをテーマに売り出したら、
母たちにウケると思う。
「観察者の立場」身に付けたいなぁと切に思う。
不眠の経験はなく、自分のやりたいようにしかやってきてないんだけど。』(Mさん)

Mさん、貴重なご意見、アイディアも、ありがとうございます!
私は母親になった経験がなく、子育てをされているお母さんの思いや苦悩、シェアさせていただく良い機会になりました。少し準備に時間がかかるかもしれませんが、いただいたアイディアを生かしてみたいなと思います。
ヨガニードラの最後の方、皆さんがまだ横たわっている状態で、
私はガヤトリーヤマントラを唱えつつ、レイキでセルフヒーリングしてました~。

昨日は、今年最後の新月、浄化のタイミングとしてとても良い日であることを
知り合いの方から教えていただきました。
不要なものを手放し空いたスペースへ
よりあなたらしい時間の流れに必要なものが、入ってくる、
良い機会にできたかなぁ、と思っています。

年末の午後の時間、皆さんと温かい時間が過ごせたことに感謝しています。
ありがとうございました。

ディープリラクゼーション(収縮と弛緩を繰り返す)の後からは
皆さんほとんど記憶がないとお話していましたね(笑)
私も、自分がヨガニードラのクラスうけると最後まで起きていたためしがないので
よくわかります。

種明かしみたいに、なりますが
ビジュアライゼーション(イメージの視覚化)以降のインストラクションを
一部載せておきます。
(長いので、もしよかったら、
気が向いたら読んでみてください(^^;))

皆さんの内なる願い、決意、想いが、
2017年の新しい流れの中で
より自分らしい時間を形作っていく
力になりますように。

来年もまた、よろしくお願いいたします。
良いお年を お過ごしください☆


(以下、昨日のビジュアライゼーション 一部抜粋)

『痛みや、違和感を感じるその場所へ
大きくて温かい手のひらをイメージであててみます。
優しい手のひらのぬくもりが、その部位から周りへと広がります。
手のひらのあてられてた場所からやがて光が出てきて
手のひらから広がる慈しみの光がその場所を包み込み、
光とぬくもりが内側に浸透していくのを感じましょう。

その光が全身へと広がり、体中を包み込み、やがては部屋中に広がります。
光に包まれ、守られて、体と心が安らぎと強さに満ち溢れています。
痛みや違和感と共に、
不安、恐れ、怒りなど、もう不要になった感情が光の中に溶けて消えていきます。
くすぶった濁った色は、白く輝く光の中に溶けて消えていき、
後には、あたたかく、白く輝く光だけがそこに残っています。

心が曇っていて、
自信を無くしてしまいそうなときもあるけれど、
ご先祖様の存在があって、
今の自分があるように、
たくさんの人と人との繋がりや、そのあたたかさの中にいることを思い出してみると
あなたの内側にある穏やかさを取り戻し、
内に秘めた自身の力を、
また改めて、信じられるかもしれません。

ストレス過多な今の時代では
いつも頭の中に色々なモヤモヤがあって
そのモヤモヤとしたものが
内側にある自身の本質を見えなくしてしまう。

人の本質とは、愛そのもの、幸せそのもの。

マントラを唱えた響きの後に訪れる静寂の中で
体の声に耳を傾けからだを動かすときの
意識の集中の後に訪れる静けさの中で
本当のあなたの声に気付いてみましょう。

あなたにしかない可能性に気付き
あなただけの輝きに気付き
より良い道を選択する力を養い
愛や癒しの力を育みながら
新しい流れの中へ、
前へ進んでいきましょう。


では、あなたの決意、サンカルパを思い出します。
サンカルパを繰り返します。
3回、丁寧に言い聞かせましょう。』


12月29日(木)開催 『新年に向けて、決意、願いを唱えよう ヨガニードラワークショップ イベント 再告知
KIMG0140.jpg


今年は、全ての人にとって
様々な感情や想いを手放し、
自身の本質を、そして具体的な人やものを手放すような
一年 だったそうです。

手放せた人は、
潜在意識の蓋や多いのとなっていたものがクリアになり
魂の覆いとなっていたものが丁寧にはがされて
今まで以上に自分らしさに触れるような、
準備の時間を過ごしたことになります。

「自分とは何か」

「自分がこれからどうしてい生きていきたいか」

といった感覚が
手放した後の空いたスペースに
これからの自分にとって本当に必要なものをそろえて、
来年、2017年からの
大きな渦のような 流れの中での時間を作っていくと
そんなメッセージを、先日とある場所からいただきました。

「ヨガニードラ」は、意識を覚醒したまま行う「眠りのヨガ」で、瞑想の準備として、
寝たままで行うことのできる簡易瞑想でもあります。

ヨガニードラにおける深いリラクゼーションは、顕在意識と潜在意識をつなぐ扉を開き、
無意識のレベルにおける心の傾向や習慣、パターンの解放や、
内在する安らぎを思い出すような作用があると言われています。

あと数日で新しい年へと移り変わる年末の午後、
ヨガニードラのクラスで
リラックスした状態で自身を労わり、
内側にある本当の想いや願いに気付く、
そんなヨガの時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

太陽礼拝と基本的なポーズをいくつかとった後で
呼吸法、ニードラと進めていきます。

最初にヨガニードラで唱える「サンカルパ(願望、決意)」や、
ニードラに入るのに必要な準備などについてお話してから、進めていきます。


※「サンカルパ」について
・サンカルパとは、願望、決意、意図を現す。
・ヨガニードラで自身に向ける言葉としては、できるだけ短くわかりやすい節をあらかじめ準備しておくとよい。
・成し遂げたいことや、なりたい自分等、具体的なイメージと共に自分に言い聞かせる。
(サンカルパは、新年の抱負という意味ではなく、という他の先生のお話もSNS上でお見掛けしたので補足しました。
確かに、新年の抱負、という意味ではないですね(^_^;);
誤解のありませんように。)


(ホームページより)
『慌ただしい毎日を過ごす
ストレス過多な今の時代では
頭の中にはいつもいろいろなモヤモヤがあって
そのモヤモヤとしたものが、
内側に既にある本質を覆い隠し見えなくしてしまう。
人の本質は本来、
愛そのもの。幸せそのものなのだと
ヨガの神様は言います。
マントラを唱えた後に訪れる静寂の中で
からだを動す時間の意識の集中の後にふと訪れる静けさの中で
本当のあなたの声に、
気づいていきましょう。
あなたにしかない可能性に気付き
あなただけの輝きに気付き
より良い道を選択する力を養い、
愛や癒しの力を育みながら、
新たな時間の流れの中へ、前へ進んでいきましょう。』
御予約は川崎市yogakula スタジオ受付か
( ヨガkulaホームページ)


私のホームページ「お申込みフォーム」より受つけています。


申込みフォームはこちらをクリック

12月23日(金)ペアヨガ❤ワークショップのご報告
15673447_1185071531576026_1570064916_n.jpg

15665811_1452351004783851_4660975711888480790_n.jpg

15682799_1185071541576025_1038462187_n.jpg

楽しそうな 写真ですね(*^^)
見ているだけでニヤニヤしちゃいます。

今日は、『ペアヨガ❤ワークショップ』を無事、開催することができました。
ご参加いただきました一隆さん、里枝子さん、ありがとうございました(^^)/

参加人数が2名と、予定よりもだいぶ少なかったこともあり、
お二人にお気遣いいただいいてしまいましたが、
何よりも、一隆さんと里枝子さんに楽しんでいただけたこと、
そして、主催者側の私やよっしーがなにより楽しんでいて
やってよかったなぁ、と、
少しホッとしています(^-^)

ご夫婦でご参加いただいたお二人は
スタジオのホームページの方で、ペアヨガのイメージ動画を観て、
ご自宅で何ポーズか二人でやってみたりしたってお話してくださいました。
そんなお二人が、素敵ですね☆

二人一組のシークエンスが一通り終わって、みんなで輪になって座ったときにもお話しましたが、

人が肩を寄せ合い食事をしたりお喋りをするような場所にいるとき、
または、親しい人と肌が触れ合うとき等、
「オキシトシン」という脳内ホルモンが分泌されて、
私たちは幸福感を感じ、穏やかで安定したこころを持つことができ、
記憶力の向上や免疫力を高める働きにもつながることが
脳科学の研究でわかっています。

また、
誰かの力になること、人を慈しむ気持ちをもつことそのものが
脳内麻薬である「エンドルフィン」を分泌させて
気分を高揚させるという効果をもたらすのだそうです。

紀元前の荒れた地球環境ではたくさんの生物が絶滅し、
その中で人間がホモサピエンスから進化を遂げ生き続けられたのは
人と人同士が協力し合い、助け合う、そういった性質があったからこそなのだと言われています。

震災や災害、戦争、貧困、世界情勢の変化・・・
様々な問題を抱える現代の地球において、
これからの私たちの未来において、
人が本来既に持っている愛情や慈しみの気持ち、育むちからが、
私たちに本当の意味での強さや、安らぎをもたらし、
ともに前へ進んでいく力として、必要になってくるのだと思います。

こころとからだを繋ぐこと。
そして、内在している愛や慈しみの力に気付き、
大切な人との繋がりや、
自信を取り巻く世界との繋がりを感じ、
そして、

また改めて、本当の自分自身を感じること。

今日はそんな時間を、一緒にいた皆さんと過ごすことができたように思っています。

あらためまして、

里枝子さん、一隆さん、そして、よっしー、
今日はありがとうございました☆

4人だったので、輪になるところのシークエンス、どうしても無理だったものが幾つかあって、
そこが反省点でもあり、良い振り返りになったのですが、
でも無理やりやってみて、
結果やっぱむりじゃーんみたいなのも、
私なりにはすごく楽しかったです。

今日はいっぱい笑いましたw

次週は、『ヨガニードラワークショップ』
仰向けで行う瞑想のクラスがあります。


太陽礼拝と、基本的なポーズをいくつか行った後、呼吸法、仰向けで行う瞑想すすめていきます。
ヨガニードラに関するお話、
『アヴィヤーサとヴァイラーギャ』=決意と無執着のこと、ヨガ哲学のお話なども交えつつ
新年に向けた想い、願いや決意にフォーカスし、瞑想の時間をとります。

また告知出します。

御予約まだほんの数名です。

・瞑想に興味のある方、
・充分な休息が取れず緊張状態を改善したいという方、
・とにかくリラックスしたいという方、
・新年に向けて願いや決意を唱えたいという方、
・潜在意識という言葉に心惹かれるという方、
・ヨガの基本的なポーズで適度にからだを動かしてからリラックスしたい、という方、
・ヨガニードラ、興味ある―という方、
・ヨガ哲学、嫌いじゃない(もしくは好き)という方、
等おおすすめです☆

御予約、お待ちしています~
12/23(金)祝開催 ペアヨガワークショップ再告知 イメージ動画作りました☆
1479056046685-a.jpg


ペアヨガ イメージ動画(←こちらをクリック)

ペアヨガのイメージ動画、作ってみましたヽ(・∀・)ノ

何気なく楽しくやっているようで、
実は!
徐々にお互いの体が伸びていくようなポーズの組み合わせになっていますっ✨
例えば、
わかりやすいところで言うと
アンジャニアーサナ(三日月のポーズ)の後で、
二人同じ方向を向いてダウンワードフェイシングドッグのポーズ(=以下『DD』 と略します)になる場面。
強い後屈の後でDD を入れることで、
腰椎のアライメントと大腿骨頭の位置を正しい位置に整える効果が期待できます。

パートナーの人に腰のあたりに足を乗せてDD”をとってもらい、足裏でぐぐーっ”と押してもらうと
きゅっと縮んだ腰から背中の筋肉が引き伸ばされるので、
後屈のポーズのあとに残りやすい腰の詰まった感じも解消されて、結構気持ちいいです(・∀・)

伸ばしてあげている側の人(=動画だと私)も、
全身を自分の力でめいっぱい伸ばそうとするので、ポーズから離れたあとの開放感が気持ちいい✨

二人重なるようにプランクポーズをとったあと、
二人がお互い引っ張るようにしながら前したり、
背中合わせで後ろの人の脚の上に寝そべるように胸を開くのも、
プランクの時に頑張って使った背中から腰、脇の下の筋肉が引き伸ばされて、
胸の前側が広がって、
いい具合に、全身が緩んできますヽ(・∀・)ノ

パートナーの体の重みで緩んでいく感覚が、
一人の時とはまた違ってなんだか新鮮で、
そこが、ペアヨガの良さの1つですね(^^)/✨

基本的なポーズが中心なので、
初めての方でも参加しやすいクラスかと思います。
もし「難しそう」って思うところがあったら、パートナーや周りの仲間に助けてもらいましょ❤
(もちろん、私たちインストラクターがサポートします♪)

楽しいペアヨガのクラスにしていきたいと思いますヽ(・∀・)ノ
ご予約、お待ちしています☆

2017年1月9日開催 「柔軟性を高め、股関節を開くポーズに挑戦するワークショップ」再告知♥
HAWAII2016-431 (1)


「完全なものなどどこにもないが、 いつでも努力することはできる。
そうすることによって生命が創造され 何事にも興味がわいてくるのだ。」
(BKSアイアンガー)



先日の、水曜のヨガのクラスで
『脳科学からみた「祈り」』(脳科学者 中野信子 著)という本のエピローグに書かれている「脳を鍛える方法」について、お話をしていました。
脳は年齢とともにただ衰えていくだけではなく、
適度な刺激が与えられること、課題を乗り越えるといったことにより、脳の神経細胞が新生され、脳を若く保つことができるということ。
脳を鍛えるためのトレーニングをする本やゲームソフトが「脳トレ」グッズとして、一時期流行った頃もありましたが、
もし脳を鍛えるのであれば、
脳トレのゲームソフトなど使わなくても、
日常の中での友人、知人と対話すること、それ自体が脳細胞、神経ネットワークを育ててくれるのだということが書いてありました。
そして、それ以上に
脳にとって最高のトレーニングになるのが、
何らかの逆境を必死で乗り越えていく経験です。
仕事、家庭の問題等、何らかの逆境に直面したとき、
脳を振り絞るようにして打開策を考え、
あらん限りの力を集中し、限界まで力を発揮して乗り越えようとする、
現実世界におけるそのプロセスによって、ゲームの脳トレとは比較にならないほど脳は鍛えられるのだそうです。
それはつまり、言い方を変えると
「逆境を乗り越える経験に裏打ちされた『脳力』」!
という具合に、ここでは書かれています。
順風満帆な人生が羨ましいと思うこともあるかもしれませんが、
となるとそれは、脳を鍛える機会に恵まれないということなので、
困難のない人生では、一見「敵なし」のように思えるけれど
「人間として脆い」という見方もできるわけです。
ただ、
不幸な境遇によって人格を磨く人がいる一方で、
それによって人格がゆがめられてしまう人もいます。
逆境で強く鍛えられる人と、それに負けてねじ曲がってしまう人。
両者を分かつもの、それは、
逆境に直面したときの心の在り方でしかありません。
「乗り越えよう」「乗り越えるぞ」という強い意志や
「乗り越えたい」という思い(想い)が、
眠っていたであろう力をも呼び覚まし、
私たちの脳を成長させる。
そんなお話が書いてありました。
ヨガマットの上で、ポーズに取り組んでいる時
色々な内側の声を聴くことと思います。
筋肉が引き伸ばされる感覚、
体の内側から熱がわいてくる感覚、
呼吸が速くなる感覚、
ぐらぐらと、不安定に揺れる感覚等。
それらの内側の声に耳を傾けながら、体を動かしている時の感覚は即ち
自身の体との向き合い方であり、
それは日常生活の中での、外界との向き合い方や
自身の心の在り方を表しているように思います。
ただポーズが完成することだけにとらわれずに、
「挑戦してみよう」という思いを元に自らが体を動かし、
からだや心の変化を感じるヨガの時間は
あなたのからだと、心の両方に磨きをかけて、
「強く」て、「やわらかい」、
より「しなやか」な、一歩先のあなたへと導いてくれるのではないでしょうか(・∀・)?
2017年1月9日(月)祝日開催予定
「柔軟性を高めて、股関節を開くポーズに挑戦するワークショップ」では、
股関節周囲の柔軟性を高めるための充分なウォームアップに、ペアワークも取り入れながら、体の変化を感じていただけるといいなーと考えています。
股関節を開いていくコツについて体験し、少し難しいポーズにもチャレンジしてみましょう。
まずは安全に、そして、皆さんに楽しんでいただけるよう、ガイドしていきます(・∀・)
まだ眠っている可能性、チャレンジしてみませんか?
(対象はオールレベルですが、たくさん動くと思います。ヨガのレッスンをある程度継続的に行っている方が望ましいです。)

お申し込みはこちらから

柔軟性を高め、股関節を開くポーズに挑戦するワークショップ お申込み

もしくは、こちらからもご予約可能です(・∀・)

Facebookイベントページ

参加費4000円⇒12月15日(木)までにお申し込みの方は3500円となります☆
参加ご希望の方はお早めに!

12月29日(木)開催 ヨガニードラワークショップ (新年に向けて決意、願いを唱えよう~自身の可能性に気付く~)イベント再告知
DSC_1310yokohamayuugata.jpg


私が看護師として働いている老人ホームで
先日、深夜1:00ごろになって
あるご入居者の方から「歯が痛くて眠れない」というナースコールがありました。
(下の歯でぐらぐらしている歯があり、翌朝歯科医の往診で診てもらう予定でした)
頓用薬の箱を確認していると
以前歯科から処方されていたロキソニン(消炎鎮痛剤)の他に
「不眠時」と袋に書いたビオフェルミン(整腸剤)が入っていて、
痛みの訴えが継続したものではなかったことから
私はまずビオフェルミンを手に取り
「30分ほどすると、お薬が効いてきて痛みが落ち着くと思います」
と言ってそれを飲んでいただきました。
その後、5~10分後にお薬を飲んだかどうか覚えていないとのことでナースコールがありましたが
服薬30分後以降から朝まで、ぐっすり眠られたようです。
本来は治療効果を持たないものを使用する、
こういう使い方をするお薬を『プラセボ』といい、
『プラシーボ効果』と言ったりします。
ビオフェルミンは整腸剤なので、本来痛みをとる効果はありませんが
「これを飲むと、痛みが治まるので、安心してください」という言葉によって
安心していただいたことが、痛みを和らげたということになります。
もちろん!
本当に鎮痛剤を必要とする場合もあります。
ただ多くの鎮痛剤には胃壁を荒らしたり、
長期的使用で肝機能に影響を及ぼす等の副作用があることや
不眠や腹痛といった症状に関しては、全体の3割にプラセボが有効であるという事を考慮すると
プラセボも上手に利用できるといいのかなというところです。
『これで痛みが善くなる、安心だ』といったその人の思いが
体の症状に対し良い変化を及ぼしたということ。
”病は気から”という言葉もありますが
その人の心が、自己治癒力に働きかけた、と考えることができます。
ということは、もし、「痛みが治ままらない!」という思いでいっぱいだとしたら
その逆のこと、体の不快な症状が強くなるといったことも起こりうるということですよね。
「思い(想い)」というのは
身体的側面へも影響し、
そして、自身の現実、自分をとりまく環境にも変化をもたらすもの。
ヨガニードラでは
深いリラクゼーションによって心の奥の扉を開くような効果があり
心の癖やとらわれていた不要なものにまず気付くことで
それを手放し、本来自身が持っている健やかさや穏やかさを取り戻す、そういった効果が期待できるといわれています。
年末の午後の時間になりますが
ヨガのポーズで全身を緩めた後、仰向けで行う瞑想のクラスです。
新年に向けた願いに気付き、決意を唱える、
『ヨガニードラ』のクラスを
もしよろしければ、体験しにいらしてください☆

詳細はこちらから
  ↓
ヨガニードラワークショップ