FC2ブログ
プロフィール

FC2USER176493SZN

Author:FC2USER176493SZN
ヨガインストラクター
マインドフルネストレーナー

ホームページ
http://mumuksu-shoko.jimdo.com

・全米ヨガアライアンス200時間終了
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・ジュディ・クラップ氏ヨガセラピー18時間集中講座 修了
・ヨギーインスティテュート ヨガニードラトレーニングコース 修了
・ヨギーインスティテュート アサーサナインテンシヴコース 修了
・松居佳代子メソッド・パーソナルトレーナー養成講座 修了
・看護師

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

FC2USER176493SZN

Author:FC2USER176493SZN
ヨガインストラクター
マインドフルネストレーナー

ホームページ
http://mumuksu-shoko.jimdo.com

・全米ヨガアライアンス200時間終了
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・ジュディ・クラップ氏ヨガセラピー18時間集中講座 修了
・ヨギーインスティテュート ヨガニードラトレーニングコース 修了
・ヨギーインスティテュート アサーサナインテンシヴコース 修了
・松居佳代子メソッド・パーソナルトレーナー養成講座 修了
・看護師

楽しいヨガ教室♪スタジオMumuksu(ムムクシュ)
10/22(月)湘南台ヨガ部ムムクシュクラス開催のお知らせと、内なる声に耳を傾けること、マインドフルであること
44080660_1843869765730842_7830208646033178624_n.jpg

自分の心をタオに開き、

自然に出てくる自分の反応を信頼すれば、

すべてのことは

必要なところにおさまる。

(ハコミセラピー タオイズムと心理療法/グレッグ・ヨハンソン+ロン・クルツ著より)

大学病院に勤務していた7年くらい前までは、私自身抑圧傾向が強くて
「~しなければならない」
「~してはいけない」

といった自分自身の意識に縛られるようにして日々の物事の選択していて、
自分が何がしたいか、
どう在りたいか、
自分にとっての喜びや幸せが何なのか、
そういったことは後回しにするべきだ、位に思っていたかもしれません。

”内なる声に耳を傾ける”という実践が何をもたらすのかを身を持って知る事になるのも、
そういった過去の時間があるからこそかな、とも思うし、
「インテグラル・ヨーガ」に出てくる
「世界はあなたを束縛もしなければ自由にもしない。全ては汝自身の心中にあり」

という言葉も
いろんな時間を過ごしてきたからこそ
「そのとおり!」って感じるんだろうなって思います。

今の世の中はたくさんの情報に溢れていて、
人の目や言葉を気にしなければならなかったり、
人が本来持っているはずの
”自身を導く声”
を聴くことが難しくなりがちだけれども。

人と人との繋がり、関係性の中でこそ
人は変化し成長することができるからこそ、
そこで生じる「内なる声」を聴く、ということが自らの進化や成長のためには欠かせないと思うんです。

この体をもつ一生の中で、

私たちがそれぞれに、

魂を磨いているのだから。

ヨガも、瞑想も、
この「内なる声を聴く」力を育ててくれる…

そんなお話もクラスの中ではお伝えしています(^-^)

湘南台ヨガ部☆ムムクシュ マインドフルネスヨガ+瞑想のクラス
10/22月曜夜開催しますー。
ヨガ部のみなさんへもこれからメッセージ送りますが、どなたでも参加可能です☆
詳細はイベントページ参照で

https://www.facebook.com/events/321565248645749/

今日は夜多摩センターのマグレブエストさんで
ボディコンディショニングとエナジーフローのクラス担当させていただいてます。

エナジーのクラスはここんとこアームバランスも入れていて、
写真のポーズもたまにやってますよー

会員の方、ヨガ好きな方、お待ちしております(^-^)/
美容・健康・ダイエットの全国誌 『からだにいいこと』2018年12月号に掲載されました
_______-__3 - コピー

10売りからこと表紙データ - コピー

美容・健康・ダイエットの全国誌『からだにいいこと』
10月16日発売12月号「美と健康を叶える凄腕サロン&ショップ」
の特集ページに
私が主宰するmumuks yogaの「マインドフルネスヨガ+瞑想」
が掲載されました(^-^)

”ヨガのポーズと呼吸法を用いて骨格の歪みを調整、全身のめぐりを整えてから瞑想の時間をとり、
疲労した脳をリラックスさせて、心身の回復を促します。
強さと柔軟性を持ち合わせた、しなやかな心と体を作ります。”

原稿の修正などお世話になった企画担当の方、
また掲載する写真を用意するにあたりご協力頂いた皆さん、
レッスンを体験いただいているお客様、
たくさんの方の支えがあって、素敵な掲載記事にして頂くことができました。

心より御礼申し上げます。

この度は本当に、
ありがとうございました。



私にできる限りの方法でもって、
必要とされている方の力になれるよう、
精進していきたいと思います。

10/27(土)インストラクターのための プロフィール写真撮影会開催のお知らせ
42373983_1816967855087700_3239288923330969600_n.jpg

インストラクターのための
プロフィール写真撮影会第三弾…を開催します(๑•̀ㅂ•́)و✧

通常、宣材写真をプロのカメラマンに撮影してもらう場合、
撮影費として15,000〜50,000円程かかりますが、
今回この企画では、お1人6,000(税別)で撮影します。

撮影時間20分間でカット数は制限なし(撮影したデータは確認と修正後全てお渡しできます)。
撮影時間内であればウェアも2~3パターンご用意して頂いてもOKです。

プロのカメラマンと一緒に
ヨガインストラクター(←私)が同行します👍
撮影中ヨガのポーズの確認や修正等のフォローも可能です。
また士業をされている方、個人事業の経営者の方で、
名刺やホームページのプロフィール用のお写真も対応可能ですよ(^-^)/

日時:10/27(土)

撮影時間
①10:00~10:20
②10:30~10:50
③11:30~11:50
④12:00~12:20
⑤13:30~13:50
⑥14:00~14:20
⑦15:00~15:20
⑧15:30~15:50

場所:株式会社代田ファクトリー
〒168-0074東京都杉並区上高井戸1-24-20霜山第2ビル2階

京王線八幡山駅より徒歩8分

料金:6,480円(税込み)

お支払方法 現地払い

《お申し込み方法》
以下のURLからご希望の時間帯を選択し、
お名前、ご連絡先を入力の上ご連絡ください。
https://goo.gl/forms/B91uoOVXPIMoz4rP2

#ヨガ #インストラクター #撮影会 #宣材写真 #プロフィール #ピラティスインストラクター #ダンサー #パーソナルトレーナー
繋がりの中 今ここに在る ということ (10/5 instagram 投稿より)
43250715_1829886410462511_1298906502400049152_n.jpg

我は祖先なり、

我は子孫なり

誰もひとりでは生きていけません。

私たちは自分以外のすべてのひと、あらゆるものとつながり、相互に関わり合って初めて存在しているのです。 (ティク・ナット・ハン著「和解 インナーチャイルドを癒す」より)

yoga という言葉そのものに「繋ぐ」という意味があり

何を繋ぐかといえば

呼吸と動き、心とからだ、即ちまずは自分の内側を繋いでいく、内部の統合と、

人と人、内面と外界、つまり、内と外との統合をも意味しています。

最終的につながるものといえば、自身の本質と同義である神様のような存在・・・大いなる意思とか、

宇宙とか、自在神、そんな風に表現されます。

自分自身の内側を繋いでいくと、外界との繋がりにもまた改めて気づいていくものかと思います。

私ごとですが

先週、母の遺骨をようやくお墓に納骨することができました。

鹿児島の実家の家のすぐ近くに先祖代々のお墓があったにも関わらず

他の兄弟親戚から認められずそこへは入ることができなかったので

実家から29歳の時に上京して以来私が住んでいる今の家・・・ ワンルームの私の部屋に母の遺骨を運んできていました。

家から自転車で行ける霊園で
合祀墓を選んで、
納骨出来た日は
母の骨が私の部屋に届いた日から
既に二ヶ月経っていました。

納骨に立ちあってくださった職員の方が、
壺から白い袋へ移し入れた母の遺骨を
ロープで穴に降ろし終えてから
穴の中を覗かせてくれました。

深い穴の奥の方に、
白い袋がいくつも山積みになっていて
時々、ふわりと白い小さい虫が
飛んでいました。

その一番上のですよ、お墓の底を覗き込む私に職員さんが教えてくれます。

真ん中のオブジェのような石の周りに、草花がたくさん植えられた合祀墓の奥のプレートには

名前がたくさん掘られていて、

一番端の方に母の名前があって

どこにも行き場のなかった母の骨が、

こうして、私が大好きな街の人たちと一緒にお邪魔させてもらたって

そんなこと考えながら

安堵と、嬉しさとで泣いていました。

37年ぶりに再会した父の方の実家へ招かれることになり

明後日新潟まで行ってきます。

0歳の時に一度行ったことがあるらしいのですが記憶は全くなくて(^_^;)

生後一年に満たない内に他界した、私の兄と姉のお墓があるから、

そこへ私を連れて行きたいのだと、叔母さんたちが話してくれました。

子供の頃は、

私に興味のない母の顔色を伺いながら
「生まれてこなければ良かった」
そんなことを
思ったこともあったけれど

たくさんの出会いがあって、
たくさんの存在に支えられて今がある

産んでくれて、ありがとう、お母さん

と、今やっと

素直にそう言えたように思います。

自分の足で訪れるのは初めてとなる故郷への旅のため

いつも金曜夜と日曜入っているカルド八王子さん、多摩センターマグレブエストさんのレッスン

代行の先生へお願いしました。

お引き受けいただいて、本当にありがとうございます。

週明けには、一回り成長して、レッスンに来た皆さんにお会いできたらなって思います。
10月22日湘南台ヨガ部☆ムムクシュクラス開催のお知らせ
20800144_1365840183533805_7192082034535138641_n.jpg


10月の湘南台ヨガ部☆ムムクシュ開催日時

10月22日(月)19:45~20:45


(マインドフルネスヨガと瞑想のクラス)

場所:湘南台文化センター 地下一階和室 
http://www.kodomokan.jp/

参加費:1,500円(税込)

持参していただくもの
・ヨガマット(レンタルあり、300円。レンタル枚数限りがあるので必要な方は御申込時、できれば前日までにお知らせください)
・動きやすい服装
・お飲物
・汗を拭くタオル

☆初めて参加される方、ヨガ部入りたい方大歓迎です(^^♪
(入会金とか特にありません。ヨガ好きな方、やってみたい方、体動かしたい方などどなたでも♪)

ご予約・お申込み
このイベントページの「参加する」をクリック
または

http://mumuksu-shoko.jimdo.com/
ホームページ内「お申込み・お問い合わせフォーム」より
必要事項を入力の上お申し込みください。


“「今」ここに「心」を完全においていることを、古来、仏教では「念(サティ)」といい、大切な行としてきました。
過去や未来に心をさまよわせず、今この瞬間に完全に集中して生きるとき、私たちの中には深い理解と叡智、
大いなる安らぎが生まれます。”
(ティク・ナット・ハン著 『和解 インナーチャイルドを癒す』より)

禅僧ティク・ナット・ハン師は、この「念」を「mindfulness マインドフルネス」と表現し、
この言葉が今や仏教界を超え、欧米を中心に心理学や教育の世界でも広く用いられるようになっています。
今ここに心を完全におくためには、いくらかの訓練は必要ですが、誰にでもできること。

歩いていることに完全に気づいて歩く。
呼吸をしていることに丁寧に気づき、呼吸する。
ただそれだけのことで、
自分の中に大きな変化が生まれてきます。

普遍的に人の心を深いところから癒し、
潜在的な力を最大限に引き出す「マインドフルネス」のエネルギーを
ヨガのプラクティスと瞑想の時間を通して体験します。

今ここに意識をおき
あるがままを受け止め、
気づきの力を高めるという
マインドフルな在り方を
体の感覚を通して培いましょう。

マットの上で感じることや、
瞑想中の心の在り方を日常の中に活かすことができれば

自分自身の心の癖が変容し
囚われていた過去の受け止め方が変わり
未来が変わっていきます。

お仕事帰りに
もしくは早めの夕食の後で

そんなお話と共に
マインドフルなヨガの時間をいかがでしょう。


マインドフルネスや瞑想について
知りたい、聞いておきたいという方も
ご質問などありましたら遠慮なくお尋ねください(^-^)



講師・瞑想ガイド:小田祥子

〈プロフィール〉
看護師歴20年、大学病院内ハートセンターの他各科病棟、クリニック、施設などの
幅広い領域において勤務経験を持つ他、ヨガインストラクター歴5年、東京都内、神奈川県内で、
グループまたはプライベートレッスン、ワークショップ等開催し、現在は年間約4000人にヨガや瞑想を指導。
『マインドフルネスヨガ』の第一人者とも言える中島正明氏がメインティーチャーを務める
ヨガジェネレーション主催TTCにてRYT200を取得。
また現在は『ゆとり家』主宰、ティク・ンバット・ハン師著書の翻訳を数多く手がける島田啓介氏の元、
マインドフルネス瞑想について学びを深める。
自らのPTSD(心的外傷後ストレス症候群)の体験を通し、本来の自分自身を取り戻す潜在意識へのアプローチを、
日々のヨガや瞑想のクラスにおいて実践、ヨーガ・ティーチャー、マインドフルネストレーナーとして、
様々な場面でマインドフルネスを伝えている。
2018年9月12日発売 『HERS』10月号に掲載していただきました☆
HERS表紙

mumuksu yoga様


41524219_1802562316528254_7040442423192846336_n商工会議所

光文社のファッション誌HERSのビューティー企画

”女性にとっての大きな曲がり角となる年齢ならではのお悩みを解決したり、
新たな学びを体験できるオススメスポットを紹介していくという企画”に、
私が主宰するmumuksuyoga(ムムクシュヨガ)の
「マインドフルネス瞑想」と「ヨガ」のレッスン紹介を掲載していただきました( ´艸`)


ファッションだけにとどまらずライフスタイル全般において、
こだわりある上質なものばかりを集め掲載されている、エレガントな大人女性のバイブル「HERS」。


2018年9月12日、本日発売された10月号の企画のお話を、
HERSビューティー企画を担当されている方からお声がけ頂いたのが2か月前でした。


貴重なご縁と、大変素敵な機会をいただき、
本当にありがとうございました🍀




―マインドフルネス瞑想トレーニング紹介文(ホームページより)-

”瞑想は疲労した脳をリラックスさせ、心身の回復を促すとともに、
潜在意識へ働きかけて内在する可能性を引き出すことや、
自己治癒力を高め傷ついた心を深い部分から癒す効果が期待できます。

中でもマインドフルネス瞑想は、膳の教えに基づく哲学に触れることで
メンタルトレーニングとしても役立ちます。

「強く」て「柔らかい」、「しなやかな心」を育み、
仕事や家庭環境においてより良い人間関係を作る手掛かりとして活かすことができます。 ”




今年度7月11日に東京商工会議所が定める「健康経営アドバイザー(初級)」の認定を受けました。

※「健康経営アドバイザー」は健康経営に取り組む企業様へ東京商工会議所から無料で派遣され、
実践的な支援を行う専門家として設けられた資格です。


社員のヘルスケア、メンタルケアの一環としてとりいれていただける
中小企業向けのヨガや瞑想トレーニングも承っております。


詳細、お問い合わせはホームページ
 http://mumuks-shoko.jimdo.com よりお願いいたします。



うつろうこころと 暗闇と 静けさと
40570658_1790453911072428_8538433656333533184_n.jpg



瞑想にはふたつの部分があります。
止まって静めること、
そして深く見つめ変容をうながすことです。
マインドフルネスのエネルギーが十分にあれば、どんな感情でも深く見抜きその本質を見極めることができます。
それによって、その感情を変容させられるのです。

(ティク・ナット・ハン著 「怖れ 心の嵐を乗り越える深い智慧」より)



先月、キャンセル待ちで予約していたクラスが運良く取れて、
とても久しぶりにレッスンを受ける時間がとれました(outputばかりだとそのうち枯渇したみたいになってしまうので)。

山本俊郎先生のクラスは、何年か前に一度受けたきりで、

自分がイントラになってから受けるのは今回初めてだったのですが。
シークエンスが進む毎に体がどんどん伸びていく、身体のことを知り尽くされている確かなリード、尚かつ
受けている側が体験できるスペースもちゃんと残してくれているその匙加減、
本当に素晴らしいなぁなんて時々思いつつも…

じっくりと深く、
自分の身体と対話できる有意義な時間になりました。

散々動いた後、
長めのクールダウンと正座瞑想の時間もとってくださったんですね。

夜の灯りを消した和室で、
ただ座って目を閉じる。

呼吸や身体を感じ
いつもなら割と静かに過ごせるのですが、
この日は気がかりだったことが何度も何度も頭に浮かび、その度呼吸に戻るの繰り返し。

それでも、その後のシャヴァアーサナでは内側の感覚も静かになり、
帰る頃には頭がスッキリしていました。

気がかりと、不安と、寂しさ、期待、自分の中に色んな感情があったことに改めて気がついて、その想いを手放す毎に都度感じる
自分呼吸や心臓の音、
座ってマットに触れている坐骨の感触。
遠くから時々聞こえる人の声、
瞼にうつる暗闇などを感じて、

色々あっても

周りのたくさんの人や物事と共に
支えられるようにして
今ここに
生かされているんだなって、
どこか安堵するような気持ちになりました。

体が緩むとこころが緩み、
体を感じるごとにこころに気付く。

そんな時間を過ごしてもらえるように、
私自身工夫しています🙂

ポーズができる、出来ないということよりも、内側に耳を傾けることを大切に❤

本日はカルド八王子店と多摩センターマグレブエストさんでクラスがあります♪
カルドさんの開脚チャレンジのクラスも、最近少しづつ増えてきましたー

お近くの方よろしければいらしてくださいねーヽ(・∀・)ノ



#カルド八王子#マグレブエスト#多摩センター#ヨガ#マインドフルネス#瞑想#開脚#柔軟性


雨の日の朝と 心の中の『種』
41477365_1801669786617507_1260943080312274944_n.jpg


私たちはみな心の中に恐怖の種を宿していますが、こうした種に水をやるかわりに、自分の前向きな性質―思いやりや理解・慈しみ―を育むことを学ばなければなりません。  ―ティク・ナット・ハン―(ジョン・P・フォーサイズ ゲオグルグ・H・アイファート著 不安・恐れ・心配から自由になるマインドフルネス・ワークブック より)

週に三日ほど、看護師としてお仕事を頂いているクリニックへの自転車通勤。

雨が降るときはレインコートを着て自転車で出て行ってしまうのですが(私の家から自転車だと15分、電車だと3倍くらいの時間がかかるので)
職場に着く頃には
どう頑張っても顔と髪の毛が濡れ鼠のようになってしまい、さっさと着替えればまあいいやなんて思うのですが、
到着して顔を合わせた事務の女の子達や先輩の看護師さんは、濡れ鼠の私をみてびっくりするか笑うかしてから
エコーや処置室なんかでつかうタオルをすぐに持ってきてくれます。

洗濯後クリニックの屋上で干されているタオルは、とてもカラっとした感じで、顔や前髪の水滴をさっさと吸い取ってくれて
着替えて髪を結んで、タイムカードを押して
いざ仕事が始まります。

雨で冷たくなったほっぺたも
ぺたっとなった前髪も
家を出るとき慌ただしかった私の心も
クリニックのタオルやみんなの笑った顔と気遣いで
支えられてるなーなんて、思う朝の始まりです。

晴れの日だけじゃなくて
雨の日や風の強い日もあるけれど

日々色々な出来事の中に
心が不安や焦り、怒り、孤独や恐怖心に
とらわれてしまう時もあるけれど

今この瞬間、目の前にあるものに目を向け、気づくことができれば
予期せぬ出来事の中でしか得られない恵みに気づくことができる。

心を通り過ぎていく想いも
眺めるように観ることができたなら
自分の本当の願いや望み、心の奥に締まっていたものに気づく。

雨風の強い日に、周りの人のあたたかさをたくさんもらって
また一つ、力の湧いてきた一日でした。

マットの上で体を動かす時も、心を今という瞬間に満たすこととともに、
まずは自分自身に、
思いやりや慈しみの気持ちを持つことを大切にします。

ヨガや瞑想のクラスではそんなお話もしています。

※プライベートレッスンも承っております。お申し込みはホームページ
http://mumuksu-shoko.jimdo.com
よりお願いいたします🍀

脳科学からみた「祈りの効果」 と 愛情ホルモン「オキシトシン」
39878904_1773653836085769_5555283487180718080_n.jpg

「“人間は一人では幸せになりにくい”
私達の脳は、他者との共生ということを大きく志向しています。(中略)
愛情や慈しみの感情を抱いたときに脳から分泌される『オキシトシン』
このオキシトシンについての研究が進むにつれ、
他者に愛情を向け思いやりを持つことが、
私たちの幸福感にとっていかに大きな意味を持つかがわかってきたのです。」

/中野信子著「脳科学からみた『祈り』より」



「脳科学からみた『祈り』」

以前ヨガニドラ(「眠りのヨガ」とも呼ばれる簡易瞑想)のティーチャートレーニングの際に、
講師のリー先生が紹介されていたのがきっかけで手にした、私の大好きな書籍の一つ。

大切な誰かの幸せを願うこと、
思いやりの気持ちを持つこと、
愛や慈しみの気持ちでもって言葉を交わすこと、触れ合うこと、

そういったこと全てが、
自分自身の脳の活性化を促し免疫力を高めるということ。

人は互いに支え合うことで
幸福を感じ、より強くなれる。
脳科学的な見解からみても、人との関わりと、そこに生じる愛や慈しみの感情が
人の幸せには欠かせないということが解っているそうです。


ヨガの八支則という教えの中で、
「祈り」の実践については「イーシュヴァラ・プラニダーナ」という言葉で表現され、
それは宇宙の調和に繋がる祈りのことを指し、
最終的には
”自身に内在する神聖さに目覚めることである”とも説明されています。

人と人との繋がりを感じ、敬い、慈しむことが
自分自身の内側と繋がり、
より自分らしい人生へと導いてくれる。

ヨガ哲学と脳科学の話には通じるところがたくさんあるんだなぁ・・・と感じた
「祈りの効果」と
「オキシトシン」の話を
レッスンへ向かう電車の中でふと思い出して
クラスの最初に皆さんにお話した、先週のカルド八王子のレッスンでした。

”ビューティー”と ”開脚”のクラスで
何故その話?

と言われそうですが・・・(^_^;)


ポーズのできる、できないにとらわれすぎずに
今日の自分を知るように、
自分の体の声を丁寧に聞いてあげることが
マットを降りたあとの日常を
きっと豊かにしてくれます。



内と外には相関性があり、
自己と他者との関係にも影響します。



大切な誰かの幸せを祈るためにも
自分自身が幸せでいること、慈しむことを大切に♥




今日は夜19:30~多摩センターのマグレブエストさんにて
コンデイショニングヨガとエナジーフローというクラスで入ります☆

また明日8/22は、隣のマグレブさんでレッスンに入ってます
(エナジーフローヨガというアクティブなクラスです)。



残暑厳しい折ではありますが、
癒しの欲しいという方も、
体動かしてすっきりしたい方も
お時間よろしければいらしてくださいねーヽ(・∀・)ノ


怖れや不安、悲しみ、辛い感情と 心の奥の刃 マインドフルネスのこと
38481214_1749285168522636_1452648520367472640_n.jpg


「私たちは、怖れを感じることを避けようとします。
怖れをそのままほうっておけば、多くの場合怒りに変わります。
私たちは、怖れているから怒るのです。」
(ティク・ナット・ハン著「怖れ 心の嵐を乗り越える深い智慧」より)

「先生は、落ち込むこと ありますか?」
先日、お仕事先のフロントスタッフのお姉さんから突然そんな質問を受けました。

「あるある。」と答えると、
えー?そうなんですか?と驚かれます。

「そんなときは、どうするんですか??」
と聞かれ、

「気が済むまで泣いて、とことん落ち込む。」

そう私が答えると
「それじゃ仕事に支障きたしません??」
と怪訝な表情のお姉さん。

数年お付き合いしていた彼氏と別れて
今日で一週間が経ち、
彼との想い出を回想しては辛くなり、
「これから先彼氏ができなかったらどうしよう」そんなふうに考えて不安になる、
そう話してくれました。

お客様相手の仕事であるせいか、
辛いことがあっても、あまり落ち込まずに常に明るく努めているような印象を、彼女は私に感じていたそうですが、

悲しいときは泣きたければ泣く。

気が済むまで泣きます。
(もちろん、人の迷惑にならないように。)
“泣く”という行為そのものにまず、心を明るく前向きにすると言われる"セロトニン"の分泌を促す効果があるというのも、良くできた仕組みだなぁと思うのですが…

辛く感じるのはどうしてだっけ?と自問自答し
敢えて掘り下げてみると、
辛さの中には、私自身が望んでいたのに、その通りにならなかったこと=期待や、名残惜しさや喪失感、悔しさ、怖れ、深く傷ついたと感じている自分…そういうものも見えてくるんです。

冒頭の文章、ティク・ナット・ハン著「怖れ」では

「心に怖れが生まれ、心配や不安に巻き込まれたらまずその怖れを認めてください。
怖れをマインドフルに受け止め、
その根源を深く見つめることが
答えに導いてくれます。」

という文章が続きます。

一瞬立ち止まるように、
流れ続ける思考を止めそこに留まり、
幸せな思い出、苦しい思い出、
そこに生じる様々な感情の全部を深く見つめた上で、自分自身のこころに
「辛かったね」
と声を掛けてあげられたら
重かった心は少しずつ、軽さを取り戻せるのではないでしょうか?

抑圧するのではなく、
理解して、なだめるように。

大切な誰かに そうするように。

深い悲しみを理解し労って、
怖れが怒りに変わらないうちに優しく癒して、
心の奥に隠れた刃を取り除く。

自分自身の心の扱いが上手になれば、
同じような誰かに、手を差し伸べることもできます。
手を差し伸べることで共に成長することも、
周囲に愛と平和の輪を広げることもできる。

一周り成長して
周りの世界を明るく照らせたなら、
新たな素敵な出逢いも、
きっと待っていることでしょう♥

今夜は多摩センターマグレブエストさん
(エナジーフロー+コンディショニングヨガ)、週末金曜夜と日曜日はカルド八王子さんにてレギュラーレッスン、

お盆の8/13月曜日は湘南台ヨガ部

「マインドフルネスヨガと瞑想」のクラスを開催しています^_^

ヨガや瞑想のクラスでは、マインドフルネスについてもお話しています☆よろしければいらしてください🍀

#マインドフルネス#ヨガ#マインドフルネスヨガ#瞑想#マインドフルネス瞑想#インストラクター#八王子#多摩センター#湘南台#町田#目白#ティク・ナット・ハン#怖れ#新たな出逢い#InterBing#相互存在