プロフィール

FC2USER176493SZN

Author:FC2USER176493SZN
ヨガインストラクター、パーソナルトレーナーのshokoです。
心と体って繋がってるから、
体がほぐれていくと心もほどけていく・・・
そんな心地よいヨガの時間を
楽しみましょう(・∀・)♪

・全米ヨガアライアンス200時間終了
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・ジュディ・クラップ氏ヨガセラピー18時間集中講座 修了
・ヨギーインスティテュート ヨガニードラトレーニングコース 修了
・ヨギーインスティテュート アサーサナインテンシヴコース 修了
・松居佳代子メソッド・パーソナルトレーナー養成講座 修了
・看護師

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

FC2USER176493SZN

Author:FC2USER176493SZN
ヨガインストラクター、パーソナルトレーナーのshokoです。
心と体って繋がってるから、
体がほぐれていくと心もほどけていく・・・
そんな心地よいヨガの時間を
楽しみましょう(・∀・)♪

・全米ヨガアライアンス200時間終了
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・ジュディ・クラップ氏ヨガセラピー18時間集中講座 修了
・ヨギーインスティテュート ヨガニードラトレーニングコース 修了
・ヨギーインスティテュート アサーサナインテンシヴコース 修了
・松居佳代子メソッド・パーソナルトレーナー養成講座 修了
・看護師

楽しいヨガ教室♪スタジオMumuksu(ムムクシュ)
「TRUST(信頼)」と「委ねる」こと (今週のクラスのテーマ)
KIMG0341[737104]


「もし身勝手な考えで『戦わない』と思っても
その決心は空しいものだ
武士階級(クシャトリヤ)としての天性によって
君はどうしても戦わなければならぬのだ」

「人は信仰と愛を通じて
わたしの実相を知るようになる
(中略)
わたしに頼ってすべての活動をし
常にわたしの保護のもとで働け

至上者であるわたしを信じきって
常に意識をわたしで満たしておけ」

「アルジュナよ
至上主(かみ)は全生物の胸に住み
彼らの行動を指揮する
御者が馬車を動かすように―」

「常にわたしを想い わたしを信じ愛せよ
わたしを礼拝し わたしに従順であれ
そうすれば 必ずわたしの住処(ところ)に来られる
わたしは君を愛しているから このことを約束する
(中略)
ただ私を頼り 服従せよ
わたしがすべての悪業報から君を救う
怖れることは何もないのだ」

(「神の詩 バガヴァッド・ギーター」より)


写真のカードは
「エンジェルアンサー」という、エンジェルタロットカードと言われるもの、
その中の一枚「TRUST」、
「信頼しなさい」を意味するカードです。

「明日は、○○したほうが良いですか?」とか、「○○は、うまくいきますか?」
と尋ねてカードを引いたときに、これが出ることがあります。

「信頼することで、その願いが叶いやすくなるでしょう」もしくは、
「信じればきっと叶うでしょう」
・・・と、いった意味とは ちょっと違っていて、
説明書にある解釈を読んでみると

「今は、とにかく信頼するときです。
質問に対して『イエス』も『ノー』も存在しないことがあります。
ときには、どうなるかわからないでいた方が、
私たちの眼の前で奇跡が起きやすくなるという状況もあるのです。
子供が贈り物の包みをあけるように、
人生を“魔法”に変える要素の一つがサプライズの喜びです!
たとえまだ中身を教えられないとしても、
天使たちが素晴らしいものを用意してくれていることを信頼しましょう。」

といった具合に説明されています。

原因と結果(因果)、そのどちらが先とは言えない(やったことは返ってくるという)サイクルの中に生かされる私たちは、
天命を全うするべく力を尽くすけれども、結果は選ぶことができない、
結果とは、ただ受け取るものである

・・・というカルマ(業)の教えにも通じるようですね。

つまり、ここでいう「信頼」とは、
「身を委ねる」という言葉に、置き換えられるといったところでしょうか。

「信頼」し「身を委ねる」
それは自分自身に対する信頼であり、
「内在する神聖さ」というものへの敬意とも言えるかもしれません。

以前、
「イーシュヴァラ・プラニダーナ(祈り)」についてのお話を
その日のヨガのクラスのテーマにしたときに
レッスンを終えたあとで、ご主人との思い出を話してくださった方がいました。

マウンテンバイクが趣味だったご主人が、
休日いつもそうするように、愛用している自転車で家を出て行く姿を玄関で見送り、
その3~4時間後に病院から連絡が入って、
そこへ駆け付けた時、ご主人は救命室で心肺蘇生を受けている最中だったそうです。
彼女が子供の頃から家族と共に足を運んでいた教会では『祈り』という行いについて、
自分にとっての良い結果や幸せではなく、
大切な人にとって幸せであるようにと、
すべての人にとってより良い選択となるように
祈らなければならないと教わってきたことを思い出して、
色々な未来が頭をよぎり、
どんな形であっても生きていてほしいと願う自分の思いを優先するのではなく
「彼にとって幸福な選択を、どうか導いてください」と祈って、
その後ご主人を看取ったのだと、話してくださいました。

レッスンが終わった後「先生、ランチに行かない?」と彼女が行きつけの
イタリアンカフェのランチに誘ってくれて
私はサラダ付きのパスタにコーヒー、
とっても気さくな感じの彼女は、
いつものお決まりらしいマルゲリータのピザにビールを楽しみながら

学生の頃からの付き合いだったご主人とは親友みたいな夫婦関係で、
ソウルメイトだと直感していた彼を失って、空いてしまった心の穴は、
3年たった今も埋められない・・・と話す彼女の話を

苦しかっただろうなぁと、私はただ想像するだけでしたが、
深い、深い、愛情だなぁと思いました。

時として
「身を委ねる」ということは、
とても勇気のいることかもしれません。

スピリチュアルな世界の人たちは
「人生の全ての出来事は
あなたが輝くためだけにある」
と言います。

「世界の全てを肯定したいという欲求は
自分の全てを肯定したいという魂の欲求が形を変えたもの」で
それを叶えるべく過ごした時間の中で
体験する全ての出来事は
後になって「意味があった」と
いつか思えるような、それは必然なのだと。

とてもそんな風には思えない、苦しいこと、悲しい出来事も
時にはありますが。

自分が今置かれてている状況の中で、
自分にできる限りの最善を尽くしたら
後はただ身を委ねるしかないこともあって
受け取った結果が、仮に自分の思っていたものと違ったとしても
そこには、
その中でしか気づけない恵みがあり、
それはまるで、天から与えられたギフトの様なものなのだと

ヨガの神様もそんな風に言っているようです(・∀・)

今週のクラスでは、
ここ最近、困ったときに私が時々使う『エンジェルタロットカード』の話題から
「信頼」「TRUST」という言葉についてお話をして
「委ねる」ことをテーマに、体を動かしてもらいました。

呼吸に合わせて、ちょっと頑張る感じで体を動かした後、
後半のリラクゼーションでは
ただ力を抜き、呼吸と体の重みに委ねるようにしながら
緩んでいく体の変化を感じてもらう、
そんな時間にしたいなぁと思いながら、言葉を選んでいました。

自身の内側の声に 心地よく委ねるような感覚
味わえたでしょうか?

マットの上で感じたことが
マットを降りた日常の中でも、生かされますように。

日々いろいろな出来事があるけれど
良いことも、悪いことも受け止めながら(とてもマインドフル♪)
自分だけにしかない輝きというものを信じて
よりあなたらしい未来へと、
前へ進んでいきましょう(^-^)

次回の投稿は湘南台ヨガ部9月の開催予定について。
近日中にアップします(‘ω’)ノ

厳しい残暑がもうしばらく続きそうですが、
今日の残りの時間、良い一日をお過ごしください

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mumuksu.jp/tb.php/80-73d9e5db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)