FC2ブログ
プロフィール

FC2USER176493SZN

Author:FC2USER176493SZN
ヨガインストラクター
マインドフルネストレーナー

ホームページ
http://mumuksu-shoko.jimdo.com

・全米ヨガアライアンス200時間終了
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・ジュディ・クラップ氏ヨガセラピー18時間集中講座 修了
・ヨギーインスティテュート ヨガニードラトレーニングコース 修了
・ヨギーインスティテュート アサーサナインテンシヴコース 修了
・松居佳代子メソッド・パーソナルトレーナー養成講座 修了
・看護師

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

FC2USER176493SZN

Author:FC2USER176493SZN
ヨガインストラクター
マインドフルネストレーナー

ホームページ
http://mumuksu-shoko.jimdo.com

・全米ヨガアライアンス200時間終了
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・ジュディ・クラップ氏ヨガセラピー18時間集中講座 修了
・ヨギーインスティテュート ヨガニードラトレーニングコース 修了
・ヨギーインスティテュート アサーサナインテンシヴコース 修了
・松居佳代子メソッド・パーソナルトレーナー養成講座 修了
・看護師

楽しいヨガ教室♪スタジオMumuksu(ムムクシュ)
12/25 湘南台ヨガ部☆ムムクシュ 今年最後のクラスのご案内
22687873_1428798660571290_4197499489019510674_n.jpg


今年最後の、
湘南台ヨガ部☆ムムクシュ
マインドフルネスヨガと瞑想のクラス
12/25(月)19:45~20:45で開催予定です🙂

どなたでも参加できます☆
今ここに意識を置いて
この瞬間を味わいましょう。
眺めるように見ながら
あるがまま、受け止めることも含めて
マットの上で
体の動き、呼吸を通して
体感してみます。
瞑想初めての方もわかりやすいように
ガイドしますのでお気軽にどうぞ🙂


フェイスブックイベントページ↓
https://www.facebook.com/events/239459066588822/?ti=cl

またはホームページのお問い合わせフォームからお申し込みください☆

http://mumuksu-shoko.jimdo.com

つい最近、
以前勤めていた大学病院で、お会いした患者さんのことを 、ふと思い出した日がありました。
40代後半の男性、
まだまだ働き盛りのTさん。

特殊な心臓のご病気で
カテコラミンの持続点滴を切ることができなくて
入院もだいぶ長くなってました。

「自分がこの先
生きる意味が見つけられない。
自分がこれ以上生きることに、
何の意味があるだろうかと思う。
もういいよって思う。」

と、検温でベッドサイドに伺った際に
胸の内を話してくれました。

暗くて
冷たい目。
生きる希望をなくした瞳で。

私は

「残酷なことを言うかもしれないけど
それでも、私はTさんに
生きていて欲しいって思うし 、きっとご家族も
同じ気持ちだと思います。」

とお伝えしましたが
そう口にしてすぐ
自分がなんだか
すごく残酷なことを言っているように思えて 、
そのまま泣いてしまいました。

泣きたいのは、俺の方だよーって
Tさん、思ってただろうなと
今更ながらに思ったりします(^_^;)

けして治ることはない病気を抱えて
もし次の治療を受けることで
元いた職場でまた仲間と働けるのなら、
家族のために働けるのなら、
苦しい治療も受け入れてみようと思ったけれど
そうではない。

生きる時間は長くなるかもしれないけれど
自身の生活は
この先もっと制限されることになる。
そんな葛藤があっても
自分のこれから先の治療については、
日々話が進められている。

体の辛さ、息苦しさも、痛みも、疲れきった心も、
もう限界だったのかもしれません。

その人が今突きつけられている現実を、
これから向き合っていかなければならなくなる現実を考えると
その人に「生きろ」ということが
なんて残酷な言葉なのだろうと
ひどいことを言ってしまったように思えて
思わず泣いてしまいましたが、

Tさんは
その日担当の看護師のくせに
一人泣いている私を
放っておいてくれて
そのままポツリポツリと
胸の内を、少しずつ話して聞かせてくれました。

その後、
セカンドオピニオンである病院へ転院したTさんは
予定されていた治療を受けたあと、
一時自宅へ退院することができました。

しばらくして外来受診のついでに
病棟へ顔を出してくれたときのこと。
病棟のスタッフが集まったその真ん中で、
笑顔でお話をしてくれていて

ちょうどその頃
病棟には
Tさんと同じ心臓の病気で
移植待機の手続きをするかどうかという
高校生の男の子が入院中で

周りのスタッフの計らいもあり
皆に囲まれながら
Tさんは
人工心臓のこと、
移植待機のことや、
セカンドオピニオンの病院のことなど
高校生の彼にお話してくれていました。

その2週間後くらいに私は退職したのですが
病棟に来てくれた
その一ヶ月後くらいに亡くなられたということを
だいぶ後になって
人伝に聞きました。

Tさんの最期を私は知らないので
私の中には、
ナースステーションで
高校生の男の子に
自分の体験を話していた姿が
1番濃く残っています。

電車の窓から見える
昼下がりの空を見ていて
時々Tさんのことを思い出したりします。

あの瞬間
きっと誰よりも癒やされていたのは
高校生の不安でいっぱいの男の子ではなく
Tさんだったんじゃないかなって。

巡り巡って
人生の終盤で出会った
心臓の重い病気を患い不安を抱えた男の子に
誰よりも力になれたのはTさんでしかなく
でもあの時1番救われたのは
きっとTさんだったんじゃないかなって
思ったりするんです。

人ってすごい。
人との出会い、縁、
インター·ビーイング。

私もいつか
そんな風にして
救われたいなって
最近思います。

私がヨガを伝える理由は

潜在意識に働きかける
この力を使って
私のような誰かの力になれること。

傷付いたもう一人の私みたいな人を
癒やすこと。

そうやって、
何より私自身が癒やされること。

そんな日が来ることを夢見ています🙂

そんなお話も少ししましょうかね(^-^)


クラスでお会いできるのを
たのしみにしています☆
関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mumuksu.jp/tb.php/148-3bc61165
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)