FC2ブログ
プロフィール

FC2USER176493SZN

Author:FC2USER176493SZN
ヨガインストラクター
マインドフルネストレーナー

ホームページ
http://mumuksu-shoko.jimdo.com

・全米ヨガアライアンス200時間終了
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・ジュディ・クラップ氏ヨガセラピー18時間集中講座 修了
・ヨギーインスティテュート ヨガニードラトレーニングコース 修了
・ヨギーインスティテュート アサーサナインテンシヴコース 修了
・松居佳代子メソッド・パーソナルトレーナー養成講座 修了
・看護師

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

FC2USER176493SZN

Author:FC2USER176493SZN
ヨガインストラクター
マインドフルネストレーナー

ホームページ
http://mumuksu-shoko.jimdo.com

・全米ヨガアライアンス200時間終了
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・ジュディ・クラップ氏ヨガセラピー18時間集中講座 修了
・ヨギーインスティテュート ヨガニードラトレーニングコース 修了
・ヨギーインスティテュート アサーサナインテンシヴコース 修了
・松居佳代子メソッド・パーソナルトレーナー養成講座 修了
・看護師

楽しいヨガ教室♪スタジオMumuksu(ムムクシュ)
怖れや不安、悲しみ、辛い感情と 心の奥の刃 マインドフルネスのこと
38481214_1749285168522636_1452648520367472640_n.jpg


「私たちは、怖れを感じることを避けようとします。
怖れをそのままほうっておけば、多くの場合怒りに変わります。
私たちは、怖れているから怒るのです。」
(ティク・ナット・ハン著「怖れ 心の嵐を乗り越える深い智慧」より)

「先生は、落ち込むこと ありますか?」
先日、お仕事先のフロントスタッフのお姉さんから突然そんな質問を受けました。

「あるある。」と答えると、
えー?そうなんですか?と驚かれます。

「そんなときは、どうするんですか??」
と聞かれ、

「気が済むまで泣いて、とことん落ち込む。」

そう私が答えると
「それじゃ仕事に支障きたしません??」
と怪訝な表情のお姉さん。

数年お付き合いしていた彼氏と別れて
今日で一週間が経ち、
彼との想い出を回想しては辛くなり、
「これから先彼氏ができなかったらどうしよう」そんなふうに考えて不安になる、
そう話してくれました。

お客様相手の仕事であるせいか、
辛いことがあっても、あまり落ち込まずに常に明るく努めているような印象を、彼女は私に感じていたそうですが、

悲しいときは泣きたければ泣く。

気が済むまで泣きます。
(もちろん、人の迷惑にならないように。)
“泣く”という行為そのものにまず、心を明るく前向きにすると言われる"セロトニン"の分泌を促す効果があるというのも、良くできた仕組みだなぁと思うのですが…

辛く感じるのはどうしてだっけ?と自問自答し
敢えて掘り下げてみると、
辛さの中には、私自身が望んでいたのに、その通りにならなかったこと=期待や、名残惜しさや喪失感、悔しさ、怖れ、深く傷ついたと感じている自分…そういうものも見えてくるんです。

冒頭の文章、ティク・ナット・ハン著「怖れ」では

「心に怖れが生まれ、心配や不安に巻き込まれたらまずその怖れを認めてください。
怖れをマインドフルに受け止め、
その根源を深く見つめることが
答えに導いてくれます。」

という文章が続きます。

一瞬立ち止まるように、
流れ続ける思考を止めそこに留まり、
幸せな思い出、苦しい思い出、
そこに生じる様々な感情の全部を深く見つめた上で、自分自身のこころに
「辛かったね」
と声を掛けてあげられたら
重かった心は少しずつ、軽さを取り戻せるのではないでしょうか?

抑圧するのではなく、
理解して、なだめるように。

大切な誰かに そうするように。

深い悲しみを理解し労って、
怖れが怒りに変わらないうちに優しく癒して、
心の奥に隠れた刃を取り除く。

自分自身の心の扱いが上手になれば、
同じような誰かに、手を差し伸べることもできます。
手を差し伸べることで共に成長することも、
周囲に愛と平和の輪を広げることもできる。

一周り成長して
周りの世界を明るく照らせたなら、
新たな素敵な出逢いも、
きっと待っていることでしょう♥

今夜は多摩センターマグレブエストさん
(エナジーフロー+コンディショニングヨガ)、週末金曜夜と日曜日はカルド八王子さんにてレギュラーレッスン、

お盆の8/13月曜日は湘南台ヨガ部

「マインドフルネスヨガと瞑想」のクラスを開催しています^_^

ヨガや瞑想のクラスでは、マインドフルネスについてもお話しています☆よろしければいらしてください🍀

#マインドフルネス#ヨガ#マインドフルネスヨガ#瞑想#マインドフルネス瞑想#インストラクター#八王子#多摩センター#湘南台#町田#目白#ティク・ナット・ハン#怖れ#新たな出逢い#InterBing#相互存在
明後日8/13開催 湘南台ヨガ部☆ムムクシュ 「マインドフルネスヨガと瞑想のクラス」のご案内
HAWAII2016-351 (1)



8/13(月)17:15~18:30湘南台ヨガ部☆ムムクシュ 「マインドフルネスヨガと瞑想」のクラスを開催します。

詳細とお申し込みは

フェイスブックイベントページ

https://www.facebook.com/events/720074388189600/

または私のブログ

http://mumuksu.jp/blog-entry-171.html

より
お願い致します。 「私たちが内なる子どもを抱擁するとき、

それは両親や先祖の中の傷ついた子供たちすべてを抱擁しているのです。

この実践は自分のためだけではなく、

無数の先祖、そして子孫のためのものでもあります。」 (ティク・ナット・ハン著 「和解 インナーチャイルドを癒す」より)

お盆の季節ですね。

ご先祖様が地上に降りてくるとも言われるこの時期

それぞれのご家庭で

お盆を迎えられているかと思います。 「マインドフルネス」を理解する上で

禅の教えにある”相互存在(inter being)”という言葉が出ています。

人間である以上、思考は常に流れ続けるという特性を持っているけれども

過去、未来へと移ろう意識を

今この瞬間に満たすこと、思考を止め、あるがまま受け止めることを

瞑想の時間を通して学び、日常で実践します。

どんな境遇の渦中にあっても

心がグラグラと揺れる時こそ、目を閉じ呼吸を丁寧に感じると

自分の息遣いと、それに合わせて動く胸のふくらみ、

次第に心臓の鼓動も聴こえてきてきます。

私のからだが ここに在り息をしている、

それは抗うことのできない、今ここに生かされているという現実で、

自分を取り巻く周囲の環境、力を貸してくれる人たち、

そういったものも思い出して、私は瞑想中ふと泣きそうになったりします。

全ての存在が互いに影響し合い、

たくさんの人のつながりの結果、

私が今ここに生かされている。

今この瞬間を深く味わう、それだけで自分自身を深いところから癒し、
またそこに繋がる全てを癒し、敬い、慈しむ。
そんなお話もしようかなーと思いますヽ(・∀・)ノ

また、明日8/12はカルド八王子さんではいつものビューティーと、開脚チャレンジのクラス、
多摩センターマグレブエストさんでは、エナジーフローヨガのクラスで入ってます。

ご都合よろしければお越し下さいませ☆