FC2ブログ
プロフィール

FC2USER176493SZN

Author:FC2USER176493SZN
ヨガインストラクター
マインドフルネストレーナー

ホームページ
http://mumuksu-shoko.jimdo.com

・全米ヨガアライアンス200時間終了
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・ジュディ・クラップ氏ヨガセラピー18時間集中講座 修了
・ヨギーインスティテュート ヨガニードラトレーニングコース 修了
・ヨギーインスティテュート アサーサナインテンシヴコース 修了
・松居佳代子メソッド・パーソナルトレーナー養成講座 修了
・看護師

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

FC2USER176493SZN

Author:FC2USER176493SZN
ヨガインストラクター
マインドフルネストレーナー

ホームページ
http://mumuksu-shoko.jimdo.com

・全米ヨガアライアンス200時間終了
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・ジュディ・クラップ氏ヨガセラピー18時間集中講座 修了
・ヨギーインスティテュート ヨガニードラトレーニングコース 修了
・ヨギーインスティテュート アサーサナインテンシヴコース 修了
・松居佳代子メソッド・パーソナルトレーナー養成講座 修了
・看護師

楽しいヨガ教室♪スタジオMumuksu(ムムクシュ)
湘南台ヨガ部☆ムムクシュ 7月30日(土)クラス開催のお知らせ
HAWAII2016-352.jpg

湘南台ヨガ部☆ムムクシュ
今月のレッスン開催のお知らせ

こんにちは(・∀・)
雨降りの後、涼しく感じる昼下がりいかがお過ごしでしょうか?
雨が上がれば
またすぐに暑い夏の日がやってきそうですね。

先月6月25日(土)のクラスでは
皆さんから集まりました金額より必要経費差し引いた分を
『国境なき医師団』へ寄付致しました。(金額などの詳細につきましては、ヨガ部の皆さんへメールにてご報告させていただきます。)
ご協力いただき、本当にありがとうございました。

今月開催予定のお知らせです(‘ω’)ノ

日時:7月30日(土)17:15~18:30
ハタヨガフローリラックス
場所:湘南台公民館 地下1階 和室
参加費:お1人様1500円

持参していただくもの
・ヨガマット(レンタルあります300円 ご予約時前日21:00までにお知らせください。)
・動きやすい服装
・汗を拭くタオル
・お飲物

ご予約:sakuramomo127@gmail.com

ご不明な点やご質問なども上記メールアドレスにて承ります(・∀・)

先月のクラスでは「タパス」のお話をテーマにしましたが
その後浄化や気づきなど
変化はありましたでしょうか?
でもね、あってもなくても
どちらでもいいんですけどね。
そのままで。
自身を労わり、楽しんでいただけたら、それが何よりです(^_-)-☆

今回は夕方開催になります。
週末の夕暮れ時に、
体を動かす時間の中で
自分自身の呼吸や体の感覚を感じながら、
内側の声を聴き、労わり、癒し、
明日以降の自身の可能性に気が付いていく、
そんな時間にしてもらえたらなと思います(・∀・)


疲れを癒したいという方、
整えたいという方、
気持ちよく体を動かしたいという方も
お時間ご都合よろしければぜひご参加ください。
夕涼みがてら
お立ち寄りいただけると嬉しいです(・∀・)

ご予約お待ちしております。

shoko


『和して 同せず』 と 『サティヤ(正直)』の話
HAWAII2016-540.jpg

「断固としていることは磁力を生じます。
正しい言葉は磁力を生じます。
優しいことは磁力を生じます。」

―パラマンサ・ヨガナンダ―


今週は、「サティヤ」のお話をしていました。
「ヤマ(禁戒)」の中の 二つめ、

嘘をついてはいけない
正直でいましょう
真実に従いなさい

そんな教えです。

「サティヤに徹したものには、行為とその結果が付き従う。」
「自然は正直な人間を愛する。
ある人が常に正直であるならば、(中略)彼の言うことのすべてが現実となるときが来る。」
「サティやの実行によってその言葉が純正で非常に力を持つようになるので、
正直が彼を遵守するからである。」


サティヤに関する解釈を
「インテグラル・ヨーガ」という本の中では、このように書かれています。

正直でいること。

それは
より良い方向へ導かれるためには、とても大切なことであるはずなのに、
今私たちが生きている 現実の世界において
正直でいることって、
なんだか難しくなってきたように、時々感じたりするのです。

正直って、本来は良いことのはずなのに
正直ではいられない。

思うこと、感じたことを正直に口にしてしまうよりは
本当のところは何も口にしないか、
もしくは、
周囲に合わせた言葉に変えてしまう方が都合が良かったり。


間違いを避けるために
誰かを傷つけないために
自分を守るために
あるいは大人の事情?
正直でいることが難しい理由も、色々あるかもしれませんね。

特に正直に伝えにくいもの、
表に出しにくいものというのはおそらく
ネガティブな感情や印象を伴うもののように思います。

本当は 嫌だ。
本当は 苦しいといった、ネガティブな印象を含む感情。
あまり見たくないもの。
あまり見せたくないもの。
周囲の意見とは異なった自分の考え。

一見不調和と感じてしまうものを誰かに伝えるという作業には
ちょっとしたエネルギーが必要かもしれません。

ただ、そういった
一瞬「表に出すと良くない」と思うような感情も
自分らしさの一部であり、人間らしさであって、

なぜそう感じたのか?ということのその先には
守りたいと思うものとか、
自分の信念とか、
あるいは、
まだ癒し切れていない自分自身とか
色々隠れていたりすると思うのです。

ただしまい込んで蓋をするのではなく、
それらを自分自身で理解しようと努めることが
自己と調和になり
自身の内側で統合されたものを誰かに伝えるという作業は
外界と自分との調和を促すプロセスになるはずです。

見たくないものを見ないようにするということではなく、
闇の部分を理解することで光に気が付いていく。
現実を見る力を養い
間違いや過ちと感じた出来事の中でしか学べないことを学び
切り開く力を身につけ成長し、
自分の内側にある可能性に気が付いていく。

より自分らしい次のステージへと進むためには
正直さや誠実さ、謙虚さといったものが不可欠であるように思います。


私事で恐縮ですが・・・
先日、手相占いに行ってきて
「あなたは少し変わり者だけど、でも周りとも仲良くできるでしょ?
『和して同せず』で、そんな感じでやってけばいいよ~。」

と、そんなことを占い師さんがお話してくださったのですが、

『和して 同せず』 

いい言葉だなぁ、
なんて思いながら帰ってきました(^-^)

違う特性、違う考え、感情を持った違った
「個」という存在である 自分自身も、そばにいる「誰か」も
そのどちらも尊重できるということが
本当の意味での「調和」であり、
本当の意味での「自由」なのではないかと思います。

人や物事を全て、自分の意のままにできるということではないけれど

自分にも、周囲に対しても正直でいることができれば、
周りから聞こえてくる言葉で左右されることもなく
自分の内側にある思いや感情に気づき、
自身の内側の声によって選択することができるということ。

たとえ思うようにならない環境にあったとしても
内側によって導かれることをいつも覚えているならば
人生を自分で選択することができるのだから、何者にも縛られない。
あなたは いつでも自由。
だから何も恐れることはないんだよーって、
ヨガの神様は言ってるらしいです(・∀・)

それから、一つ補足になりますが、

「インテグラル・ヨーガ」の中で
調和と自由につながるこのサティヤの実践にあたって
“注意すべきこと”というのが書かれています。

もし、正直に口にすることで誰かを傷つける、不快な思いをさせるのであれば
口にすることを慎むこと、黙っておきましょう
・・・というものです。
サティヤの実践には、
自分だけではなく、相手にも嘘をつかせないということ、
愛をもって、目の前の相手にも正直でいてもらえるように努めなさい
ということが付け足されています。
「誠実」であること、
優しさや慈しみの気持ちというのは、
どんな場合においても必須であるということですね(^^)/


今週の実際のクラスの中では
このサティヤを皆さんに体験してもらうべく、
クラスの最後でバランスのポーズを。
水曜日の本厚木のクラスでは、立木のポーズ『ブルクシャ・アーサナ』に挑戦してもらいました♪
どこでポーズをキープするかも、
今の自分の体や心の様子に合わせて選んでもらって。
呼吸ができるところ、楽しめるところでキープする。
自分の中心軸を、体の感覚を、
素直に感じてみる。
内側の筋肉が緊張している感覚も
少し揺れる感覚も、楽しむくらいでいいから正直に感じてみる。
皆さんそれぞれに、
笑顔でチャレンジしてくださっていたので、
それが何よりでした(・∀・)☆
ありがとうございました


ページの冒頭に書いた賢人の名言のように
断固としていること、正直でいることは磁力を生み
その磁力が
同じ思いを持つものや人、環境を引き寄せ
自分が本当に望むものを引き寄せやすくなる、
というのも然りです(‘ω’)ノ

サティヤの実践は
人と人とが手を取りあい、ともに成長し
調和と自由 その両方を促して、
今私たちが生きている世界を
平和へと導くエネルギーになるはずだから

内側の声に素直に耳を傾けて
近くにいる、信頼を寄せる誰かに思いを伝えてみて、
それによって自分自身や外界がどう変わるか、
時には実践し、変化を見守ってみましょう(^^)/

来週のクラスで、またお会いできるのを楽しみにしていますね(^^)/
それでは
良い週末を お過ごしください☆


『グナ』 (トリグナ=3つの質) のお話 と、クラス卒業にあたってお礼のご挨拶
KIMG0307nakayama2.jpg

「クリシュナよ 教えて下さい
人は自分の意に反してまでも
罪深い行動に走ることがあります
これは何の力によるものですか?」

「アルジュナよ それは貪欲なのだ
物質自然(プラクリティ)のラジャスから
欲望が生じ 憤怒が生ずる
これこそ物質界の住者にとって大敵である」

「サットワは人を幸福に執着させ
ラジャスは人を利益ある仕事に執着させ
タマスは人の知識を消して判断を狂わせる」 
(『神の詩 バガヴァッド・ギーター』より)


こんにちは(^-^)
雲間から陽が挿してきましたが、
湿気もあって今日もなんだか蒸し暑い日ですね。
皆さんいかがお過ごしでしょうか?

先日、
昨年より担当させていただいていいた
「パワーヨガ」というタイトルのクラスを卒業して、
その最後のクラスの時に撮って頂いたお写真を
後日クラスに来てくださった方よりいただきました。
花束はいつもクラスに来ていただいていた皆さんから、ということで
代表の方より受け取りました(^-^)

最後のクラスでお会いできなかった方もいらっしゃったかもしれませんが
いつも、その時間を笑顔で楽しんでいただけたことが
私には何よりの、皆さんからいただいたプレゼントだったなぁと
また改めて感じております。
本当に、ありがとうございました。

訳あって、先月いっぱいでクラスの担当を離れることになりましたが
皆さんとクラスの中で過ごした時間そのものも
何よりその時間を通して私自身が成長できたことも
感謝でいっぱいで、忘れられない、貴重な時間となりました。
皆さんと同様、
私もヨガを続けていくので、またどこかでお会いできる日を
楽しみにしていますね-(^-^)

最後のクラスでは
グナ(トリグナ=3つの質)のお話をしました。

・サットヴァ:純粋さ 知的さ 善徳 調和 無欲性
・ラジャス:活発さ 激しさ 激情 欲望 熱性 積極性 攻撃性 焦燥
・タマス:不活発 怠惰 鈍質 暗愚 無知 無気力 眠気 貪欲 狂気

※ちなみに、人の気質の分類でもう少し具体的な表現の例を挙げると・・・
サットヴァな人
・明晰で心が落ち着いている
・節度があり純粋な心をもっている
・信仰深く真実と正義の道に従う
・知識欲が旺盛で、向上心がある
・物事を公平に見ることができ、知性的で分別のある正確な決断をすることができる
ラジャスな人
・利己的で尊大 野心家
・よく喋り、よく動き回る
・怒り、喜び、愛着、嫉妬などの感情に支配されている
・自分に都合の良い人にだけ親切で友好的で忠実
タマスな人
・知性が低く、気分が沈んでいて、ちょっとした心労ですぐへこたれる
・何をするにも一番楽な方法をとる
・昼間でも眠気を感じる
・貪欲で短気
・自分の利益のために他人を傷つけても平気
・・・等といった表現もあります。

ヨガの、割とアクティブに動くクラス、
俗に「パワー系」と言われるようなクラスでは、
そのクラスの中での取り組む姿勢として
おそらく、
ついラジャスな質の傾向に偏りがち・・・。

これまでに時々、私が耳にしてきた話です(^^;)

力強く、アクティブな体の動きは
交感神経を刺激して、気分を高揚させるようなところがあるかもしれません。
ダイナミック、美しさ、華やかさといった
視覚的な印象であったり、
または活発、活動的、挑戦といった要素の延長に、
(頑張ってるうちにアドレナリンが出るからかもしれませんが)
どこか自分自身又は他者に対する闘争心、攻撃性、威圧的な印象を含んでしまったりとか。

けれども、どんなヨガにおいても、
基本は「体の声を聴く」ということ。
「呼吸に意識を向け、呼吸と動きを繋ぐ」こと。
「心と体を繋ぐ」こと。

もし傍から見た時に視覚的なダイナミックさや美しさを感じるのだとすれば、
それはあくまでも内面の静けさや穏やかさが反映されただけではないか、
とも思うのです。
集中が高まるうちに体が熱をもって、心臓の鼓動が速くなる感覚も
呼吸を味方につけ、一歩引いたところから見守るようにしてみると
新たな自分の一面に気付くきっかけにできる。

自身との向き合い方、ポーズに臨む時の姿勢というのは
いかなる時も
激しさや攻撃性といったラジャスな質ではなく
純粋さや調和を表すサットヴァな質でなくてはならない。

普段は外へ外へと向きがちな意識を
ヨガの時間は、自身の内側に向けること。
内側の声を聴き、それにより自身で選択すること。
どんな感覚も、
否定せず、争わず、期待もしない、
ただそのままを受け止める。

ポーズの難易度が高ければ高いほど、
体の感覚を感じようとする意識が、
体の安定感や、コントロールする能力を左右するところがあるので
『ただ素直に感じ、受け止める』
それが一つの試練となるように思います。

周囲の様子に気を取られる必要はなく、
ポーズの完成だけにとらわれるのではなく、
体を感じ、内側の声を聴き、いつでも自分で選択し、楽しむということ。
マインドフルであること
そこが伝わっていればいいなと思いながら、
参加している方皆さんに楽しんでもらえることを
大事にしたいなぁと常々思っていましたが、

私が思う以前に集まった皆さんがいつも
サットヴァな心で楽しんでくださっていたようで
それが何より、うれしかったなと
今改めて思います。

マットの上で感じたことが
マットを降りた 日常の中に活かせますように。
より良い現実へと繋がりますように。

自分の内側にある可能性に気づき、
外界との調和と同時に
自身の内面にあるものと調和し、
いつも自由でいられますように。

きっとこれからもずっと、ヨガを好きでいてくださいね☆
またどこかでお会いできる時まで
私も成長できるよう努めていきたいと思います。

クラスに参加いただきました皆さんへ
1年と3カ月、中途半端な期間になってしまいたしたが、
本当に本当に、
ありがとうございました(^^)/