FC2ブログ
プロフィール

FC2USER176493SZN

Author:FC2USER176493SZN
ヨガインストラクター
マインドフルネストレーナー

ホームページ
http://mumuksu-shoko.jimdo.com






・全米ヨガアライアンス200時間終了
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・ジュディ・クラップ氏ヨガセラピー18時間集中講座 修了
・ヨギーインスティテュート ヨガニードラトレーニングコース 修了
・ヨギーインスティテュート アサーサナインテンシヴコース 修了
・東京商工会議所認定健康経営アドバイザー
・看護師

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

FC2USER176493SZN

Author:FC2USER176493SZN
ヨガインストラクター
マインドフルネストレーナー

ホームページ
http://mumuksu-shoko.jimdo.com






・全米ヨガアライアンス200時間終了
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・ジュディ・クラップ氏ヨガセラピー18時間集中講座 修了
・ヨギーインスティテュート ヨガニードラトレーニングコース 修了
・ヨギーインスティテュート アサーサナインテンシヴコース 修了
・東京商工会議所認定健康経営アドバイザー
・看護師

楽しいヨガ教室♪スタジオMumuksu(ムムクシュ)

ご予約はこちら!

ヨガニドラのクラスのご紹介(12月7日instagram より)
47686815_1915227568595061_452742600139472896_n.jpg



”前向きな心でいるとき、笑顔のとき、感謝の気持ちを持つとき、
脳内にはベータ‐エンドルフィン、オキシトシンなどの脳内快感物質が分泌されます。
「よい祈り」とは、祈っている当人の脳にも良い影響を与え、幸福感を与えるものにもなるのです。”

(中野信子著/脳科学からみた「祈り」第1章 脳に与える祈りの影響 より)




ヨガ的にいう“祈り”だと「イーシュヴァラ・プラニダーナ」(=自在神祈念)

宇宙に調和した祈りを実践することや、内在する神聖さに目覚める、といった意味がありますが・・・

入院中患者さん、または施設のご入居者の方で「不眠」とか、明らかな原因が特に見つからない胃腸の症状などに対して
「プラセボ」(=偽薬)というお薬を使うことがあります。
そこで実際に出されるのはお薬のように見える乳糖とか、飲んでも特に害のないビオフェルミンという整腸剤だったりします。

眠れなくて困っている患者さんにプラセボとして乳糖の錠剤を持っていき
「先生が処方してくれましたから、これで良く眠れますよ。安心してくださいね。」

といってのんで頂く。

「よかったわ。ありがとう。きっとこれで良く眠れる。」

安心した様子でお薬を飲んで、ぐっすり眠れるケースもあります。

もちろん、本当に眠れない場合や、原因があって腹痛を来しているような場合は別ですが、

心因性の症状かどうか鑑別するために敢えて偽薬を使用することもあります。

いずれにせよ、
安心したり、大丈夫だと実感できたり、
「想い」というものが身体的な側面にも影響するということは事実。
前向きな気持ち、頑張ろう、きっと大丈夫、きっと幸せになれる・・・そういったポジティブなイメージを持つことが、
良い結果を招くことに功を奏する場合があるということです。


やれるところは手を尽くし、努力したら、結果は受け取るだけ、
あとは祈るのみ。

純粋で、前向きで、愛ある祈りは
きっと良い方向に進むことを後押ししてくれるものです。

来週、12月10日から16日までの1週間、いつものレッスンで伺っている多摩センターのマグレブエストさんでは
クリスマスイベントレッスンウィークに入ります。

「内なる願い、可能性に気づくヨガニドラ」
というクラスを担当しますー★
ポジティブな祈りを味方にしつつ、
リラックスしてみましょー♪

その他にも、木曜日「骨盤のゆがみを知って整えるボディ・コンディショニングヨガ」「股関節を開くエナジーふろヨガ」
火曜日「マインドフルネスヨガ&メディテーション」など、いつものクラスに代わって違うタイトルで入っています(・∀・)
他の先生方も各種楽しそうなクラス盛り沢山のようです♪

http://www.maghreb.jp/schedule_est.html

お近くの方―よろしければいらしてくださいねー🚃

#yoga #ヨガ #メディテーション #マインドフルネス #マインドフルネスヨガ

#多摩センター #マグレブエスト #町田 #八王子 #ヨガニドラ #眠りのヨガ

12月 湘南台ヨガ部☆ムムクシュマインドフルネスヨガと瞑想のクラス開催のお知らせ
HAWAII2016-351 (1)

「困難な状況に直面したとき、
だれもが自分ひとりだけで苦しんでいるのではないと気づくことができます。
同じ状況の中で、相手もまた苦しんでいるのです。
そしてあなたも、相手の苦しみに対していくぶんかの責任があります。
それに気づけば、その人を慈悲の目で見ることができるようになり、
理解が開花するでしょう。
理解があれば状況は変化し、コミュニケーションが可能になります。」
ティク・ナット・ハン著/怖れー心の嵐を乗り越える深い智慧ー”まわりの世界に対する怖れを変容させる”より

12/3月曜19:45~20:45
12/24月曜祝日9:30~10:30
湘南台ヨガ部☆ムムクシュマインドフルネスヨガ4+瞑想のクラス開催予定です
ご都合よろしければいかがでしょう?
facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/2229851650618438/

https://www.facebook.com/events/288797868418649/


ご予約は
ホームページhttps://mumuksu-shoko.jimdo.com/
お申し込み・お問い合わせフォームより、必要事項を入力の上ご連絡お願いいたします

あと数日で、11月も終わり、師走に入りますね。
一年があっという間だなぁと、改めて感じます(^_^;)

12月のイベントといえば、とりあえずクリスマスがやってきます。
街に出ると、ショーウィンドウの飾りや夜のイルミネーションも、すっかりクリスマスらしくなってきましたね。ほんと綺麗。

クリスマスの時期、私はあんまり好きじゃありませんでした。

母子家庭の私の家は、母と私の二人だけだったので、
大体カットされたケーキを二つ(イチゴショートか、何も載っていないチーズケーキ)母が買ってきてくれて、
それを二人で食べるくらいでも良かったのですが、
私が思春期に入ることから母のアルコール依存症の兆候が強くなりだし、
キッチンドリンカー化して仕事に行かなくなる期間が年々増えて、長期間入院することも増えて行きました。
高校一年の冬、終業式を終えて帰宅する途中
道の途中ですれ違う大きいケーキの箱を手にした家族連れを横目に見ながら自転車を漕いで
帰り着いてから、高校の担任の先生が気遣って持たせてくれたヤマザキのケーキを、
誰もいない居間のテーブルで私一人で食べて泣いてたこと
毎年この時期になると思い出します。
辛い思い出でしたが、3年前の冬、ふとその担任の先生のことを思い出したとき、
あのケーキ、ホームルーム前のどのタイミングで、先生わざわざ買いに言ってくれたんだろう?
と、そう考えたら「ありがたかったなぁ」って素直にそう思えて

年末のケーキいこーる、「不幸の象徴」「不吉な前兆」そんなイメージだったのが私の中で違うイメージに変わり
それ以来、クリスマスの24日か25日には、
必ず、美味しいケーキを一人で味わって食べる、そういう時間をあえて持つようになりました。

そんな話をブログとSNSに書いたこともあって、
「ケーキいっしょに食べよう」と誘ってくれる人が増えたことも、本当にありがたーい、嬉しいことです。

当時はお酒ばっかり飲んでいた母も、今年の5月に他界して、
母の遺骨と一緒に、実家の家の居間にあった母の若い頃の写真を
私が今住んでいる町田の自宅に連れて帰ってきたので
今年のクリスマスは、
写真の母と一緒にケーキを食べようかなと思っているところです(^-^)

たくさんの、いろんな人の存在があって、
たくさんの支えがあって、今私がここにいる。
そう気付くのに、とても長く時間がかかったかもしれないけれど、
たくさんの繋がりの中に生かされている私自身も
命とか、人とか、想いとか、
私にできるかたちで繋いでいきたいなって思ったりします。


12月、湘南台ヨガ部ムムクシュマインドフルネスヨガと瞑想のクラスは
12/3月曜の夜と、12/24祝日、クリスマスイブの朝に予定立ててみました(^_^;)

皆さん既にクリスマスのイベントなどご予定入っているかもしれませんが、
もしお時間ありましたら、イブのお出かけ前にいらしてください☆

#ヨガ #マインドフルネス #yoga #湘南台 #町田 #八王子 #多摩センター #瞑想 #meditation #interbeing

「カルマ」と「マインドフルネス」 2018.11.25 instagram より
46519615_1898268730290945_8466386945742733312_n.jpg

「人生の目的、生まれてきた理由を知ることは、けっして難しいことではありません。
―中略―
今日までに起こった出来事というのは、全て偶然ではなく、必然。
ひとつとして偶然に起こることはないという視点で見ると、起きたことそのものがカリキュラムであり、
生まれてきた理由もその中から見えてきます。嬉しいことも辛いこともあなただけのオリジナルの学び。
偶然起きたことではなく、
あなたの「波長」と「カルマ」という法則によって引き寄せたものだと受け止めれば、前向きになれるはずなのです。」

(江原啓之著 /トラウマ-あなたが生まれてきた理由- )


昨日、一昨日の二日間、マインドフルネスのレッスン続きとなりました。

一昨日八王子のカルドさんで、
体験でクラスにこられていた方へ終了後お声がけした際に、
「マインドフルネス、以前大学でもやったことがあって、懐かしかったです。楽しめました。」
と感想を教えていただきました(^-^)
そのまま入会していただいたようでしたので、またお会い出来ると嬉しいなぁ。

大学でも、マインドフルネス学ぶ機会があるんだなぁと嬉しくあり、ちょっと驚きもあり。
慌ただしく殺伐とした現代において、
社会へ出る前の教育の一つとして必要とされているってことなんだなぁと改めて感じました。

マインドフルネス瞑想では
「今ここ」に意識を満たす”止”の要素の他に、
「ありのまま」「あるがまま」受け止めるという”観”の要素がありますが

瞑想中の態度として
「否定も肯定もしない」という在り方が1つの大事なポイントになります。

「良い」、「悪い」の評価や判断をつけずに、客観的に、眺めるように観ること、
受け止めたら今この場では深追いせずにすぐ手放して、
呼吸とからだに意識を戻すこと。

「雑念」が浮かぶことを悪いと決めず、自分を責めずに、ただ受け止めて、手放すこと。

慣れないうちは難しく感じることもあるかもしれませんが、
体を動かした後だと思考が静まりやすく、
または瞑想中のガイドがあると比較的やりやすいかもしれません。

嬉しいことだけでなく、
辛いことや苦しいことも、そこにある恵みをしっかりと受け取れるように、
人生の中で起こる沢山の恵みを受け取っていくための、“深く見つめるトレーニング”、と言えるでしょうか。

マインドフルネスというテーマのクラスやイベントも、
巷で増えてきてるので、興味のある方は一度試してみては。

今日は金曜日と同じ、カルド八王子さん、マグレブエストさんでレッスン入ってます。

カルドさんの方は来月からレッスンカテゴリが変更になり開脚のクラス、今日が最後になりますー。

開脚したい方、ご都合よろしければぜひ。

#ヨガ #yoga #カルド #カルド八王子 #多摩センター #八王子
#マグレブ #マグレブエスト #町田 #湘南台 #マインドフルネス #瞑想 #meditation

11/23祝日クラスのこと(instagramより)
46504115_1893213300796488_1193905942266118144_n.jpg


クラスの終わりに 「先生、最後に言っている歌のような、あれ、なんて言ってるんですか?」 と、ここ最近何度かお客様から質問されることがありました。

最後に歌っているようなのは
ガヤトリーヤマントラという、サンスクリット語のマントラなんです

と、私が知っている範囲で歌の意味も
本当にざっくりとお答えしました。

あんまりざっくりだったので、とりあえずネットで(^_^;)調べてみました。

以下、引用です。

「オーム、(OM)
物質界(Bhur)、アストラル界(Bhvah)、天界(Suvah)の存在の源(Savitur) 
その崇敬されるべき(Narenyam)至高の存在(Devasya)の霊的光輝(Bhargo)を私たちは瞑想します(Dhimahi)。
どうか至高の神性存在(Tat)が、私たちの至高の真理をつかむために
その(Yo)私たちの(Nah)理性(Dhiyo)を啓蒙してくださいますように(Prachordayat)。」
「わが識別力を目覚めさせたまえ、おお神よ、私を導きたまえ。」

なんだかちょっとわかりにくいですが・・・

一昨年のヨガフェスタで、
アーナンドラ・ジョージ先生のガヤトリーヤマントラを学ぶという講座を受ける機会があり、
「バシスタがヨガをしているときに、地面からこの歌が聞こえてきたという神話があるの」
「このマントラを歌う皆さんが、これからの世界を照らす光になるのよ」
とお話されていたのを今も覚えています。

そして、

このマントラの言葉の意味については、

「私たちが、内なる神聖さの存在に気づきますように。
そして、それに導かれますように。」

そういった意味だと教えてもらいました。
質問してくださった方にもそう説明すると
「そうなんですね。なんだか聞いていると安心するような気持になれるなと思って。」
「私このままでいいんだー、だから安心していいんだなぁって、なんかそんな気分で聴いていました。」

と、嬉しい感想を頂きました。

そうそう、確かにその通りです( *´艸`)

内なる声、というテーマにもピッタリなヨガニドラのクラスを
明後日の祝日11月23日のお昼、多摩センター駅最寄りのマグレブエストさんで開催させていただきます☆

祝日クラスということで、
14:45~ヨガニドラ 
15:45~マインドフルネスヨガの二つ担当しています。
またマントラも歌おうかなと思います♪

内なる声に耳を傾け、より良い未来へと導かれますように♥

お近く方、会員の皆様―お時間ありましたらいらしてくださいね(^^)/

(因みに、エナジーフローのクラスでは今週もアームバランスポーズがテーマですー)

inter being  互いに影響しあう マインドフルネス
46390573_1887009398083545_6972308457873473536_n.jpg

自分を傷つけた家族や友人と和解したい場合も、
まず自分自身を大切に世話しましょう。
自分の心の声を聴いてあげられずに、
どうして人の話に耳を傾けられるでしょうか。
自分自身の苦しみをあるがままに認め、抱擁する方法がわからなければ、
人との関係に平和と調和をもたらすことなどできません。
ティク・ナット・ハン著「和解 インナーチャイルドを癒す」
第一部 癒しについての教え より

深く傷ついた時
疲れきって力の出ない時
まずはからだを癒すことから始めてみましょう、なんてよく言ったりします。

身体が丈夫でなければ
建設的に考えることも
前向きな気持ちでいることも
なかなか難しい。

健全なからだをつくろうと努めることは、
心の安定を保つために
非常に功を奏します。

美味しいものを味わって食べる。
栄養のあるものを感謝して食べる。
大切な人と楽しくおしゃべりしながら食べる。

空腹が満たされて、
美味しく味わうという体験が心を満たし、
そうすることで
力が湧いてくると思います。

何か問題に直面した時や
人の関係で悩みを抱える様な時も
自分に正直であることと、
周りにいる人たちへの
思いやりと感謝の気持ちがあれば

たいていのことはきっと乗り越えられるのかな、と近頃よく思います。

時には誰かに頼ったり
力を貸してもらうことが
必要な時もあるかもしれませんが

それも含めて、
人生における学びであり、
恵みであり、

“幸福であることを知る機会”
とも言えるかもしれませんね。

マットの上での体験が
マットを降りた日常を
変えていくものだから

からだの声を、
どうぞ丁寧に
聴いてあげてくださいね❤

クラスでは、
レッスンの初めに
そんなお話もしています

金曜の夜と日曜日のお昼間、
八王子のカルドさんと多摩センターのマグレブエストさんのスタジオでレッスンを担当しております
会員さんや、また体験レッスン委ご興味のある方も、週末お時間ありましたらいらしてください(^-^)